第4回 氷見オフ会

いつもの幹事さんCamp7さんとCamp-mamaさんのお世話になって大鍋を囲んでの「40歳以上のバイク乗り 氷見オフ会」が10月29日~30日、石川県の七尾で開催された。

会場はケビンやオートキャンプのできる施設のあるこれまたいつもの「いいPARK七尾」である。
(でも、オフ会のタイトルはなぜか氷見オフ会)

氷見オフ会は家族オフ会ということや天気予報もずっと雨ということから、おかーちゃんと一緒に車ででかけた。

7時10分出発、今回も横着になって外環、関越、上信越、北陸道とずっと高速を利用して15時10分到着。
いや~便利ですなぁ、財布には悪いけど。

会場ではすでに大鍋にお湯が沸き始めていた。

夕食準備中 height=

今回も大人14名、子供4名と大所帯。ちなみに今回のバイクの参加は4台であった。

今年はいつもより少し暖かいのか、日が暮れても外で飲んでいることができた。
夕食中
(暗くてよく見えないが)
 
 

..しかし、みなさん歳のせいか酒の量が減ったみたいで、21時~22時にはお開きになって寝始める人が。
でも、飲み始めてからは6時間が経過してたのね(^^;

肝心の大鍋が写った写真がなかったのでCamp7さんのHPのカマド製作記から勝手に写真もって来ちゃいました。
Camp7さん、スンマセン m(__)m

ドラム缶のカマド
ドラム缶くらいもあるカマド..といってもホントのドラム缶であるが。いや~鍋の大きさもよくわかります。

9時30分、七尾を後にして岐路につく。
帰りには富山港にある海王丸パークで海王丸を見ようと思っているのだが、今回も見そびれてしまった。
ちなみに、横浜にある日本丸と同型船である。

18時丁度に帰着、1,044kmの旅であった。

メインハーネス

先週の日曜日、久しぶりにCB750(K6)のエンジンをかけようとしたら、ニュートラルランプすら点かなかった。
充電器をつないでも充電器のメーターは振れず。
バッテリーは交換してから約2年、4ヶ月ほどエンジンをかけていなかったのだが。
 
バッテリを降ろしてみると、排気パイプをつけていなかったので側面にバッテリー液の飛び散った跡が..各室の液もほとんどなくなってる。
 
あちゃ~、バッテリー交換か?
それにしてもこんなに液漏れがあるということはどこかショートしているのか?
 
バッテリーはしばらく充電器にかけておいたら生き返ったようだ。
 
半年前の車検ではヘッドライトの光量が全く足らず、直接バッテリーから電気をとるヘッドライトブースターを急遽購入した。プラグのスパークも弱々しい。
 
たしかにメインハーネスの皮膜も劣化しているようだし、何よりケーブルの柔軟性がない。
抵抗も増加してるだろう。
 
よし、メインハーネスとイグニッションコイルを交換しよう。
(せっかく注文するんなら、他のパーツもたのもっと)
 
CB750



NASサーバ

一時期IDEハードディスク14台を接続していた我が家のファイルサーバ。
騒音の問題もあり普段は入らない2階の一室に押し込んでいた。

しかし、気になるのが電源投入の不便さ。
OSにWindowsを使っていたときは約30分でサスペンド、使う時はリモートからWOLで起動としていたが、何らかのパケットを拾って勝手に起動したり、サスペンドしなかったり。

OSをLinuxに載せ替えてからはWOLも動作しなかった。

電気代も気になるが、やはり回りっぱなしのHDDの寿命が気になる。
2~3年でバタバタとお亡くなりになり、半数にまで減っていた。

そこで、手元に置いて、騒音も少なく、必要なときに電源のon/offができるように3台の玄箱を導入して約半年。
結構便利である。

b_img_koro2.jpg

玄人志向のページ

息子のバイク屋さん巡り Part3

何日間か悩んでいたようだ。
やはり、程度がいいバイクは高い。まして400ccにすると維持費もかかる。
 
で、おとーちゃんから一言。
「あのカタナ400はエェ。高いけど2度とでないかも」
もちろん、私がカタナ好きだから(^^ゞ
 
とはいえ、私もいろんなバイク屋でカタナの中古を見てきたが、値段も安いが程度もそれなりというのが多かった中で程度の良さは際だっていたと思う。
 
「カタナはねぇ」と言ってた息子も内心は気に入っていたようであるが、私が乗っているので買いたくなかったようだ。
 
..でも、一緒に走ることもあまりないだろうし、庭でカバーかけてりゃわからんじゃん。
それに、ZZR400より5万くらいは安くあがりそうだし。
 
結局、もう一度、今度はカタナに絞ってバイク屋さんにでかけてそのまま買ってしまった。
ヨシムラのマフラー付き。
 
GSX400S
 
これで、庭に1100カタナが2台、400カタナが1台並ぶことになった。

息子のバイク屋さん巡り Part2

他に程度の良さそうなものや予算に合うZRXを探し始めたようだ。
 
400ccの中古がないなら250ccの新車ならどうかと提案してみた。
 
ちなみに、私が選ぶならと、メーカー各社のHPを見てみる..と、
アラ!? なんと車種の少ないことか。選べるバイクがないではないか。
 
30年前なら同じメーカー、同じ排気量で2車種ラインナップというのもザラであったが。
 
小排気量はみんなスクーターになるんだねえ。
 
そこで目に止まったのがカワサキZZR。
250cc、400ccがある。もちろんフラッグシップは1100だが、息子は大型免許がない。
 
息子もこれならと思い、ZRXからZZRに変更して探し始めたようだ。
 
先週の休日、時間がとれたので私も一緒にバイク屋さん巡りのお供をしてみた。
 
3軒目では3年落ちの程度の良い250と同じく3年落ちのシルバーの400の2台があった。
250ccの大きさを確かめて、その新車を買うはずだったのに、やはり400ccに目がいったか..
 
そりゃ、程度のいい400がいいと思うが。
 
ZZR400S
 
ちなみに、そのZZRのとなりにはなんとすごい程度がよいGSX400SカタナとCB400Fourが..
ワシはこっちがエェ.. おかーちゃん買ってくれ
 
しかし、程度が良いということは高いということ。
ZRXの時の予算より7~8万オーバー。残念ですねぇ
 
CB400Fourならちょっと寄付するぞと言ったが、却下された。
でも、それよりもっと欲しいのはCB400Fourでもヨンフォアの方だけど。
CB400

1 2