右側動輪、なんとか錆落とし完了?

バイク磨きに使っていた錆取り剤、コンパウンド類ではなかなか落ちない。
ホームセンターにでかけて錆取り剤を探してみた。
ちょっと値段は張るが、鉄専用と銘打ったものを発見。よし、これ買ってみよう。
 
 
帰って早速使ってみた。塗装面、ステンレスにも使用しないようにと注意書きがある。
動輪の踏面、側面、裏面に塗って1~2時間放置。ボロ布でふき取ると・・かなり綺麗になっていた。
しかし、黒ずみは取りきれないため、もう1回塗布。
 
 
黒ずんだ点として残っている部分をじっくりと見てみると、どうやら腐食しているようだ。
錆落としはこれが限界のようだが、削り直さなくてもなんとかなりそうだ。タイヤ側面もなんとか見られるようになった。
 
 
これで、一応右側動輪は作業終了としよう。

C62 動輪

動輪はなんとか見られるようになった?
ただし、醜い部分の写真は撮っていないのでは? 写真が小さめではないか? と言われると..ウ~ム
 
 
あとは、ロッド類。こちらも、もうすこし耐水ペーパーを木片につけてゴシゴシやればなんとかなりそうである。
今年は錆落としで終わってしまった。
来年も錆落としから・・・

本格的に錆落とし開始

ロッド類の錆もひどいが、一番ひどいのが動輪。
本格的に錆落としを開始することにした。
動輪を傷つけないよう、表面の赤茶けた錆はとりあえず真鍮ブラシでゴシゴシやるが、なかなか落ちない。
 
スチール製のワイヤーブラシに変えてゴシゴシやると結構落ちてきた。傷もあまりつかないみたい。
 
第1動輪や動輪の内側はモーションプレートやら板バネが邪魔してはかどらない。
おかーちゃんと子供を呼んで上下ひっくり返すことにした。
ボイラー受けも錆びているし、ひっくり返すと壊れそう、従台車の車輪の錆もひどい。
よし、外して磨こう。
なかなか完成の方向には向かっていかないのに、バラす方向はどんどん進んでいく。

上下反転させたC62下回り
錆が目立つので、この写真も小さめ..従って、上下逆さまになっているといってもよくわかりません(^^ゞ

ひっくり返してみると、シリンダー部の塗装やドレン弁まわりは非常に綺麗であった。その他の部品も大丈夫。
ドレン弁まわりはステンレス材を使っていたためだろう。
 
ワイヤーブラシで表面の赤茶けた錆びを落とすと、下には黒ずんだ錆びが出てきた。
フランジの一部にはわずかではあるが浸食されてへこんだ部分もある。ショック!!
へこんだといっても、0.5mmにも満たないもので、走行には全く影響はないのだが、心理的な影響が..
 
タイヤ側面、内側は耐水ペーパーに油をつけ、木片に巻き付けてゴシゴシ。
ついでに、ロッド類など平面部分もゴシゴシ。
 
半日もゴシゴシやっていると少しずつではあるが、黒ずんだ部分も落ちてきた。
タイヤの側面と内側、ロッド類は根気よく耐水ペーパーで磨けばそれなりになりそうである。
 
ただ、踏面とフランジは耐水ペーパーとはいかない。
車輪に変形している部分などがあると、ブレーキをかけたとき、その部分で車輪は回転しないでレール上を滑ってスキッドが出来る。
その後はスキッドがひどくなり後はガッタン、ガッタンとなるから..
(耐水ペーパーなので、それほど神経質にならなくてもよいか? でも、油断大敵。)
 
まあ、踏面とフランジは鉄レールの上を走らせればそのうち摩耗して綺麗になるか!?
とりあえず、金属みがきとボロ布で磨き、数メートルのレールひいて往復させてみようかな。
といっても、摩耗するまで往復させるなんて不可能だよなぁ。こんなんで摩耗してたら本当に走らせたら車輪はガタガタになるよなぁ。
・・わらにもすがりたい気持ちなのである。
 
 
錆を見たときは、タイヤは削り直しかと思ったが、削りだし当初の金属面の美しさはいずれは無くなっていくものと考えれば、磨いただけでも何とか使えそうである。
 
..動輪を外すとさらに完成が延びそうで..いや、完成するかどうか怖いものがある。



保管庫解体

1年10ヶ月ミニSLの保管庫として活躍し、1年10ヶ月でピカピカの動輪やロッドを錆びだらけにした保管庫を解体。
 
天井、側面は12mm厚の合板3枚あわせで作ってあったが、切断してみても綺麗なものだった。
問題は、底板。
コンクリートの平板ブロックを敷いたので、安い12mm厚の合板2枚と間にビニール系のクッション材を挟んで地面からの湿気をシャットアウト
..したつもりであったが、2枚の合板は水浸し。
これでは、天気が良くなると蒸発して保管庫内の湿度は上昇するわ。
おかげで、錆の進行も早くなったのだろう。
 
 
幸い、機関車を引き出したとき、動輪やロッド類は軽く回っており、ピストンなどは大丈夫だと思う.. 大丈夫だといいな.. 大丈夫かな?