念佛和讃六首引(ねんぶつわさん6しゅびき)

浄土真宗本願寺派


南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

(な)

 

(一首目)

彌陀成佛のこのかたは

(みだじょうぶつの このかたは)

 いまに十劫をへたまへり

 (いまにじっこうを へたまへり)

 法身の光輪きはもなく

 (ほうしんのこうりん きはもなく)

 世の盲冥をてらすなり

 (せのもうみょうを てらすなり)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

(な)

 

(二首目)

智慧の光明はかりなし

(ちえのこうみょう はかりなし)

 有量の諸相ことごとく

 (うりょうのしょそう ことごとく)

 光暁かぶらぬものはなし

 (こうけうかぶらぬ ものはなし)

 眞實明に帰命せよ

 (しんじつみょうに きみょうせよ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無

(なも)

 

・阿彌陀仏

(あみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

(な)

 

(三首目)

解脱の光輪きはもなし

(げだつのこうりん きはもなし)

 光触かぶるものはみな

 (こうそくかぶる ものはみな)

 有無をはなるとのべたまふ

 (うむをはなると のべたまふ)

 平等覚に帰命せよ

 (びょうどうかくに きみょうせよ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

(な)

 

(四首目)

光雲無碍如虚空

(こううんむげ にょうこくう)

 一切の有碍にさはりなし

 (いっさいのうげに さはりなし)

 光沢かぶらぬものぞなき

 (こうたくかぶらぬ ものぞなき)

 難思議を帰命せよ

 (なんじぎを きみょうせよ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

(な)

 

(五首目)

清浄光明ならびなし

(しょじょうこうみょう ならびなし)

 遇斯光のゆゑなれば

 (ぐしこうの ゆゑなれば)

 一切の業繋ものぞこりぬ

 (いっさいのごうけも のぞこりぬ)

 畢竟依を帰命せよ

 (ひっきょうえを きみょうせよ)

 

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

南無阿彌陀仏

(なもあみだんぶ)

(な)

 

(六首目)

佛光照曜最第一

(ぶっこうせうえう さいだいいち)

 光炎王仏となづけたり

 (こうえんのうぶつと なづけたり)

 三塗の黒闇ひらくなり

 (さんずのこくあん ひらくなり)

 大応供を帰命せよ

 (だいおうぐうを きみょうせよ)

 
 
 


浄土真宗本願寺派 念佛和讃。よみかな付。お寺参りの時の経本持参代わりに。
 

 


仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)

浄土真宗本願寺派


(鐘二打)

仏説阿弥陀経

(ぶっせつあみだきょう)

如是我聞。

(にょぜがもん)

 

一時仏、在舎衛国祇樹給孤独園

(いちじぶつ ざいしゃえこく ぎじゅきっこどくおん)

与大比丘衆 千二百五十人倶。

(よだいびくしゅう せんにひゃくごじゅうにんく)

皆是大阿羅漢、衆所知識。

(かいぜだいあらかん しゅしょちしき)

長老舎利弗・摩訶目犍連・

(ちょうろうしゃりほつ・まかもくけんれん・)

摩訶迦葉・摩訶迦旃延・

(まかかしょう・まかかせんねん・)

摩訶倶犍羅・離婆多・

(まかくちら・りはた・)

周利槃陀伽・難陀・阿難陀・

(しゅうりはんだが・なんだ・あなんだ・)

羅睺羅・驕梵波提・

(らごら・きょうぼんはだい・)

賓頭盧頗羅堕・迦留陀夷・

(びんずるはらだ・かるだい・)

摩訶劫賓那・薄拘羅・阿ぬ樓駄、

(まかこうひんな・はくら・あぬるだ)

如是等諸大弟子、并諸菩薩摩訶薩、

(にょぜとうしょだいでし びょうしょぼさつ まかさ)

文殊師利法王子・阿逸多菩薩・

(もんじゅしりほうおうじ・あいったぼさつ・)

乾陀訶提菩薩・常精進菩薩、

(けんだかだいぼさつ・じょうしょうじんぼさつ)

与如是等 諸大菩薩 及釈提桓因等

(よにょぜとう しょだいぼさつ ぎゅうしゃくだいかんいんとう)

無量諸天 大衆倶。

(むりょうしょてん だいしゅく)

 

爾時佛告

(にじぶつごう)

 

長老舎利弗、従是西方、

(ちょうろうしゃりほつ じゅうぜさいほう)

過十萬億佛土、有世界、

(かじゅうまんのくぶつど うせかい)

名曰極楽。

(みょうわごくらく)

其土有佛、號阿彌陀。

(ごどうぶつ ごうあみだ)

今現在説法。

(こんげんざいせっぽう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

彼土何故、名爲極楽。

(ひどがこ みょういごくらく)

其国衆生、無有衆苦、

(ごこくしゅじょう むうしゅく)

但受諸樂、故名極楽。

(たんじゅしょらく こみょうごくらく)

 

又舎利弗、

(うしゃりほつ)

極楽国土、

(ごくらーこくど)

七重欄楯、七重羅網、七重行樹。

(しちじゅうらんじゅん しちじゅうらもう しちじゅうごうじゅ)

皆是四寶、周匝囲繞。

(かいぜしほう しゅうそういにょう)

是故彼国、名曰極楽。

(ぜこひこく みょうわつごくらく)

 

又舎利弗、

(うしゃりほつ)

極楽国土、有七寶池。

(ごくらーこくど うしっぽうち)

八功徳水、充満其中。

(はっくどくすい じゅうまんごちゅう)

池底純以 金沙布地。

(ちたいじゅんに こんしゃふじ)

四辺階道、

(しへんかいどう)

金・銀・瑠璃・玻瓈合成。

(こんごんるり はりごうじょう)

上有楼閣。

(じょううろうかく)

亦以金・銀・瑠璃・

(やくい こんごんるり)

玻瓈・硨磲・赤珠・碼碯、

(はりしゃこ しゃくしゅ めのう)

而厳飾之。

(にごんじきし)

池中蓮華、大如車輪。

(ちちゅうれんげ だいにょしゃりん)

青色青光、黄色黄光、

(しょうしきしょうこう おうしきおうこう)

赤色赤光、白色白光、

(しゃくしきしゃっこう びゃくしきびゃっこう)

微妙香潔。

(みみょうこうけつ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

極楽国土、成就如是 功徳荘厳。

(ごくらーこくど じょうじゅにょぜ くどくしょうごん)

 

又舎利弗、

(うしゃりほつ)

彼仏国土、常作天楽。

(ひぶっこくど じょうさてんがく)

黄金爲地、

(おうごんいじ)

晝夜六時 而雨曼陀羅華。

(ちゅうやろくじ にうまんだらけ)

其国衆生、常以清旦、

(ごこくしゅじょう じょういしょうたん)

各以衣裓、盛衆妙華、

(かくいえこく じょうしゅみょうけ)

供養他方、十萬億佛。

(くようたほう じゅうまんのくぶつ)

即以食時、還到本国、飯食経行。

(そくいじきじ げんとうほんごく ぼんじききょうぎょう)

 

舎利弗、

( しゃりほつ)

極楽国土、成就如是 功徳荘厳。

(ごくらーこくど じょうじゅにょぜ くどくしょうごん)

 

復次舎利弗、

(ぶっししゃりほつ)

彼国常有 種種奇妙 雑色之鳥。

(ひこくじょうう しゅじゅきみょう ざっしきしちょう)

白鵠・孔雀・鸚鵡・舎利・

(びゃっこう くじゃく おうむ しゃり)

迦陵頻伽・共命之鳥。

(かりょうびんが ぐみょうしちょう)

是諸衆鳥、昼夜六時 出和雅音。

(ぜしょしゅちょう ちゅうやろくじ すいわげおん)

其音演暢五根・五力・七菩提分・

(ごおんえんちょう ごこんごりき しちぼだいぶん)

八聖道分、如是等法。

(はっしょうどうぶん にょぜとうほう)

其土衆生、聞是音已、

(ごどしゅじょう もんぜおんに)

皆悉念佛 念法念僧。

(かいしつねんぶつ ねんぽうねんそう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

汝勿謂此鳥 實是罪報所生。

(にょもついしちょう じつぜざいほうしょしよう)

所以者何。

(しょいしゃが)

彼佛国土 無三悪趣。

(ひぶつこくど むさんまくしゅ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

其佛国土 尚無三悪道之名

(ごぶっこくど しょうむさんまくどうしみょう)

何況有實。

(がきょううじつ)

是諸衆鳥、皆是阿彌陀佛、

(ぜしょしゅちょう かいぜあみだぶつ)

欲令法音宣流、変化所作。

(よくりょうほんおんせんる へんげしょさ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

彼佛国土、微風吹動、

(ひぶっこくど みふうすいどう)

諸宝行樹、及宝羅網、出微妙音。

(しょほうごうじゅ きゅうほうらもう すいみみょうおん)

譬如百千種楽 同時倶作。

(ひにょひゃくせんじゅがく どうじくさく)

聞是音者、

(もんぜおんじゃ)

皆自然生念佛、念法、念僧之心。

(かいじねんじょう ねんぶつねんぽう ねんそうししん)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

是佛国土、成就如是 功徳荘厳。

(ごぶっこくど じょうじゅにょぜ くどくしょうごん)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

於汝意云何。

(おにょいうんが)

彼佛何故 號阿彌陀。

(ひぶがこ ごうあみだ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

彼佛光明無量、

(ひぶこうみょうむりょう)

照十方国 無所障礙。

(しょうじっぽうこく むしょしょうげ)

是故號阿彌陀。

(ぜこごういあみだ)

 

又舎利弗、

(うしゃりほつ)

彼佛寿命 及其人民

(ひぶつじゅみょう ぎゅうごにんみん)

無量無辺 阿僧祇劫。

(むりょうむへん あそうぎこう)

故名阿彌陀。

(こみょうあみだ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

阿彌陀佛、成佛已来 於今十劫。

(あみだぶ じょうぶついらい おこんじっこう)

 

又舎利弗、

(うしゃりほつ)

彼佛有無量無辺 声聞弟子、

(ひぶつうむりょうむへん しょうもんでし)

皆阿羅漢。

(かいあらかん)

非是算数 之所能知。

(ひぜさんしゅ ししょのうち)

諸菩薩衆、亦復如是。

(しょぼさっしゅ やくぶにょぜ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

彼佛国土、成就如是 功徳荘厳。

(ひぶっこくど じょうじゅにょぜ くどくしょうごん)

 

又舎利弗、

(うしゃりほつ)

極楽国土、衆生生者 皆是阿鞞跋致。

(ごくらーこくど しゅじょうしょうじゃ かいぜあびばっち)

其中多有 一生補處。其数甚多。

(ごちゅうたう いっしょうふしょ ごしゅじんた)

非是算数 所能知之。

(ひぜさんじゅ しょのうちし)

但可以無量無辺 阿僧祇劫説。

(たんかいむりょうむへん あそうぎこうせつ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

衆生聞者、應當発願 願生彼国。

(しゅじょうもんじゃ おうとうほつがん がんしょうひこく)

所以者何。

(しょいしゃが)

得與如是 諸上善人 倶會一處。

(とくよにょぜ しょじょうぜんにん くえいっしょ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

不可以少善根 福徳因縁 得生彼国。

(ふかいしょうぜんごん ふくとくいんねん とくしょうひこく)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

若有善男子・善女人、

(にゃくうぜんなんし ぜんにょにん)

聞説阿彌陀佛、執持名號、

(もんせつあみだぶつ しゅうじみょうごう)

若一日、若二日、若三日、若四日、

(にゃくいちにち にゃくににち にゃくさんにち にゃくしにち)

若五日、若六日、若七日、一心不乱、

(にゃくごにち にゃくろくにち にゃくしちにち いっしんふらん)

其人臨命終時、

(ごにんりんみょうしゅうじ)

阿彌陀佛、與諸聖衆 現在其前。

(あみだぶつ よしょしゅじょう げんざいごぜん)

是人終時、心不顛倒、

(ぜにんじゅうじ しんぷてんどう)

即得往生、阿彌陀佛、極楽国土。

(そくとくおうじょう あみだぶつ ごくらーこくど)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

我見是利、故説此言。

(がけんぜり こせつしごん)

若有衆生、聞是説者、

(にゃくうしゅじょう もんぜせっしゃ)

應當発願 生彼国土。

(おうとうほつがん しょうひこくど)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

如我今者 讃歎阿彌陀佛

(にょがこんじゃ さんだんあみだぶつ)

不可思議功徳、

(ふかしぎくどく)

東方亦有、

(とうぼうやくう)

阿閦鞞仏・須弥相佛・大須弥佛・

(あしゅくびぶつ・しゅみそうぶつ・だいしゅみぶつ)

須弥光佛・妙音佛、

(しゅみこうぶつ・みょうおんぶつ)

如是等 恒河沙数諸佛、

(にょぜとう ごうがしゃしゅしょぶつ)

各於其国、出廣長舌相、

(かくおごこく すいこうじょうぜっそう)

徧覆三千 大千世界、説誠實言。

(へんぷさんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん)

汝等衆生、

(にょとうしゅじょう)

當信是稱讃 不可思議功徳

(とうしんぜしょうさん ふかしぎくどく)

一切諸佛 所護念経。

(いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

南方世界、

(なんぽうせかい)

有日月燈佛・名聞光佛・大焔肩佛・

(うにちがっとうぶつ・みょうもんこうぶつ・だいえんけんぶつ・)

須弥燈佛・無量精進佛、

(しゅみとうぶつ・むりょうしょうじんぶつ・)

如是等 恒河沙数諸佛、

(にょぜとう ごうがしゃしゅしょぶつ)

各於其国、出廣長舌相、

(かくおごこく すいこうじょうぜっそう)

徧覆三千 大千世界、説誠實言。

(へんぷさんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん)

汝等衆生、

(にょとうしゅじょう)

當信是稱讃 不可思議功徳

(とうしんぜしょうさん ふかしぎくどく)

一切諸佛 所護念経。

(いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

西方世界、

(さいほうせかい)

有無量寿佛・無量相佛・

(うむりょうじゅぶつ・むりょうそうぶつ・)

無量幢佛・大光佛・

(むりょうどうぶつ・だいこうぶつ・)

大明佛・宝相佛・浄光佛、

(だいみょうぶつ・ほうそうぶつ・じょうこうぶつ)

如是等 恒河沙数諸佛、

(にょぜとう ごうがしゃしゅしょぶつ)

各於其国、出廣長舌相、

(かくおごこく すいこうじょうぜっそう)

徧覆三千 大千世界、説誠實言。

(へんぷさんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん)

汝等衆生、

(にょとうしゅじょう)

汝當信是稱讃、不可思議功徳

(とうしんぜしょうさん ふかしぎくどく)

一切諸佛 所護念経。

(いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

北方世界、

(ほっぽうせかい)

有焔肩佛・最勝音佛・難沮佛・

(うえんけんぶつ・さいしょうおんぶつ・なんしょうぶつ・)

日生佛・網明佛、

(にっしょうぶつ・もうみょうぶつ)

如是等 恒河沙数諸佛、

(にょぜとう ごうがしゃしゅしょぶつ)

各於其国、出廣長舌相、

(かくおごこく すいこうじょうぜっそう)

徧覆三千 大千世界、説誠實言。

(へんぷさんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん)

汝等衆生、

(にょとうしゅじょう)

當信是稱讃 不可思議功徳

(とうしんぜしょうさん ふかしぎくどく)

一切諸佛 所護念経。

(いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

下方世界、

(げほうせかい)

有師子佛・名聞佛・名光佛・

(うししぶつ・みょうもんぶつ・みょうこうぶつ・)

達摩佛・法幢佛・持法佛、

(だつまぶつ・ほうどうぶつ・じほうぶつ)

如是等 恒河沙数諸佛、

(にょぜとう ごうがしゃしゅしょぶつ)

各於其国、出廣長舌相、

(かくおごこく すいこうじょうぜっそう)

徧覆三千 大千世界、説誠實言。

(へんぷさんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん)

汝等衆生、

(にょとうしゅじょう)

當信是稱讃 不可思議功徳

(とうしんぜしょうさん ふかしぎくどく)

一切諸佛 所護念経。

(いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

上方世界、

(じょうほうせかい)

有梵音佛・宿王佛・香上佛・

(うぼんのんぶつ・しゅくおうぶつ・こうじょうぶつ・)

香光佛・大焔肩佛・

(こうこうぶつ・だいえんけんぶつ・)

雑色宝華厳身佛・娑羅樹王佛・

(ざっしきほうけごんしんぶつ・しゃらじゅおうぶつ・)

宝華徳佛・見一切義佛・如須弥山佛、

(ほうけとくぶつ・けんいっさいぎぶつ・にょしゅみせんぶつ)

如是等 恒河沙数諸佛、

(にょぜとう ごうがしゃしゅしょぶつ)

各於其国、出廣長舌相、

(かくおごこく すいこうじょうぜっそう)

徧覆三千 大千世界、説誠實言。

(へんぷさんぜん だいせんせかい せつじょうじつごん)

汝等衆生

(にょとうしゅじょう)

當信是稱讃 不可思議功徳

(とうしんぜしょうさん ふかしぎくどく)

一切諸佛 所護念経。

(いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

於汝意云何。

(おにょいうんが)

何故名爲 一切諸佛所護念経。

(がこみょうい いっさいしょぶつ しょごねんぎょう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

若有善男子・善女人、

(にゃくうぜんなんし ぜんにょにん)

聞是諸佛所説名 及経名者、

(もんぜしょぶっしょせつみょう ぎゅうきょうみょうしゃ)

是諸善男子・善女人、

(ぜしょぜんなんし ぜんにょにん)

皆爲一切諸佛 共所護念、

(かいいっさいしょぶつ ぐしょごねん)

皆得不退転 於阿耨多羅

(かいとくふたいてん おあのくたら)

三藐三菩提。

(さんみゃくさんぼだい)

是故舎利弗、

(ぜこしゃりほつ)

汝等皆當 信受我語 及諸佛所説。

(にょとうかいとう しんじゅがご ぎっしょぶっしょせつ)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

若有人、

(にゃくうにん)

已發願、今發願、當發願、

(いほつがん こんほつがん とうほつがん)

欲生阿彌陀佛国者、是諸人等、

(よくしょうあみだぶっこくしゃ ぜしょにんとう)

皆得不退転 於阿耨多羅

(かいとくふたいてん おあのくたら)

三藐三菩提、

(さんみゃくさんぼだい)

於彼国土、

(おひこくど)

若已生、若今生、若當生。

(にゃくいしょう にゃくこんじょう にゃくとうしょう)

是故舎利弗、

(ぜこしゃりほつ)

諸善男子・善女人、若有信者、

(しょぜんなんし ぜんにょにん にゃくうしんじゃ)

應當發願 生彼国土。

(おうとうほつがん しょひこくど)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

如我今者 稱讃諸佛 不可思議功徳、

(にょがこんじゃ しょうさんしょぶつ ふかしぎくどく)

彼諸佛等、亦稱説我 不可思議功徳、

(ひしょぶっとう やくしょうせつが ふかしぎくどく)

而作是言。

(にさぜごん)

釋迦牟尼佛、能爲甚難 希有之事、

(しゃかむにぶつ のういじんなん けうしじ)

能於娑婆国土 五濁悪世、

(のうおしゃばこくど ごじょくあくせ)

劫濁・見濁・煩悩濁・

(こうじょく・けんじょく・ぼんのうじょく・)

衆生濁・命濁中、

(しゅじょうじょく・みょうじょくちゅう)

得阿耨多羅 三藐三菩提、

(とくあのくたら さんみゃくさんぼだい)

爲諸衆生、

(いしょしゅじょう)

説是一切世間 難信之法。

(せつぜいっさいせけん なんしんしほう)

 

舎利弗、

(しゃりほつ)

當知我於、五濁悪世 行此難事、

(とうちがお ごじょくあくせ ぎょうしなんじ)

得阿耨多羅 三藐三菩提、

(とくあのくたら さんみゃくさんぼだい)

爲一切世間、説此難信之法。

(いいっさいせけん せっしなんしんしほう)

是爲甚難。

(ぜいじんなん)

佛説此経已、

(ぶっせつしきょうい)

舎利弗 及諸比丘、

(しゃりほつ ぎっしょびく)

一切世間天・人・阿修羅等、

(いっさいせけん てん・にん・あしゅらとう)

聞佛所説、歓喜信受、作禮而去。

(もんぶつしょせつ かんぎしんじゅ さらいにこ)

(鐘一打)

南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー)

(鐘一打)

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)

南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー)

(鐘一打)

願以此功徳 平等施一切

(がんにしくどく びょうどうせいっさい)

同発菩提心 往生安楽国

(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

(鐘三打)

 
 
 


浄土真宗本願寺派のお経、仏説阿弥陀経。全文。よみかな付。お寺参りの時の経本持参代わりに。
 

 

領解文(りょうげもん)

浄土真宗本願寺派


もろもろの雑行雑修自力のこころをふりすてて、一心に阿弥陀如来、われらが今度の一大事の後生、御たすけ候へとたのみまうして候ふ。

 

たのむ一念のとき、往生一定御たすけ治定と存じ、このうへの称名は、御恩報謝と存じよろこびまうし候ふ。この御ことわり聴聞申しわけ候ふこと、御開山聖人御出世の御恩、次第相承の善知識のあさからざる御勧化の御恩と、ありがたく存じ候ふ。

 

このうえは定めおかせらるる御掟、一期をかぎりまもりまうすべく候ふ。

 
 
 


浄土真宗本願寺派 領解文(りょうげもん)。お寺参りの時の経本持参代わりに。
 

 

正信偈(正信念仏偈:しょうしんねんぶつげ)

浄土真宗本願寺派


(鐘二打)

帰命無量寿如来 南無不可思議光

(きみょうむりょうじゅにょらい なもふかしぎこう)

法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所

(ほうぞうぼさついんにじ ざいせじざいおうぶっしょ)

覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪

(とけんしょぶつじょうどいん こくどにんでんしぜんまく)

建立無上殊勝願 超発希有大弘誓

(こんりゅうむじょうしゅしょうがん ちょうほつけうだいぐぜい)

五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方

(ごこうしゆいししょうじゅ じゅうせいみょうしょうもんじっぽう)

普放無量無辺光 無碍無対光炎王

(ふほうむりょうむへんこう むげむたいこえんのう)

清浄歓喜智慧光 不断難思無称光

(しょうじょうかんぎちえこう ふだんなんじむしょうこう)

超日月光照塵刹 一切群生蒙光照

(ちょうにちがっこうしょうじんせつ いっさいぐんじょうむこうしょう)

本願名号正定業 至心信楽願為因

(ほんがんみょうごうしょうじょうごう ししんしんぎょうがんにいん)

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

(じょうとうがくしょうだいねはん ひっしめつどがんじょうじゅ)

如来所以興出世 唯説弥陀本願海

(にょらいしょいこうしゅっせ ゆいせつみだほんがんかい)

五濁悪時群生海 応信如来如実言

(ごじょくあくじぐんじょうかい おうしんにょらいにょじつごん)

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

(のうほついちねんきあいしん ふだんぼんのうとくねはん)

凡聖逆謗斉廻入 如衆水入海一味

(ぼんじょうぎゃくほうさいえにゅう にょしゅしいにゅうかいいちみ)

摂取心光常照護 已能雖破無明闇

(せっしゅしんこうじょうしょうご いのうすいはむみょうあん)

貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

(とんないしんぞうしうんむ じょうふしんじつしんじんてん)

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

(ひにょにっこうふうんむ うんむしげみょうむあん)

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣

(ぎゃくしんけんきょうだいきょうき そくおうちょうぜつごあくしゅ)

一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願

(いっさいぜんまくぼんぶにん もんしんにょらいぐぜいがん)

仏言広大勝解者 是人名分陀利華

(ぶつごんこうだいしょうげしゃ ぜにんみょうふんだりけ)

弥陀仏本願念仏 邪見○慢悪衆生

(みだぶつほんがんねんぶつ じゃけんきょうまんなくしゅじょう)

信楽受持甚以難 難中之難無過斯

(しんぎょうじゅじじんになん なんちゅうしなんむかし)

印度西天之論家 中夏日域之高僧

(いんどさいてんしろんげ ちゅうかじきいきしこうそう)

顕大聖興世正意 明如来本誓応機

(けんだいしょうこうせしょうい みょうにょらいほんぜいおうき)

釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺

(しゃかにょらいりょうがせん いしゅごうみょうなんてんじく)

龍樹大士出於世 悉能摧破有無見

(りゅうじゅだいじしゅっとせ しつのうざいはうむけん)

宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽

(せんぜつだいじょうむじょうほう しょうかんぎじしょうあんらく)

顕示難行陸路苦 信楽易行水道楽

(けんじなんぎょうろくろく しんぎょういぎょうしいどうらく)

憶念弥陀仏本願 自然即時入必定

(おくねんみだぶつほんがん じねんそくじにゅうひつじょう)

唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩

(ゆいのうじょうしょうにょらいごう おうほうだいひぐぜいおん)

天親菩薩造論説 帰命無碍光如来

(てんじんぼさつぞうろんせつ きみょうむげこうにょらい)

依修多羅顕真実 光闡横超大誓願

(えしゅたらけんしんじつ こうせんおうちょうだいせいがん)

広由本願力廻向 為度群生彰一心

(こうゆほんがんりきえこう いどぐんじょうしょういっしん)

帰入功徳大宝海 必獲入大会衆数

(きにゅうくどくだいほうかい ひつぎゃくにゅうだいえしゅしゅ)

得至蓮華蔵世界 即証真如法性身

(とくしれんげぞうせかい そくしょうしんにょほっしょうじん)

遊煩悩林現神通 入生死薗示応化

(ゆうぼんのうりんげんじんずう にゅうしょうじおんじおうげ)

本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼

(ほんしどんらんりょうてんし じょうこうらんしょぼさつらい)

三蔵流支授浄教 梵焼仙経帰楽邦

(さんぞうるしじゅじょうきょう ぼんじょうせんぎょうきらくほう)

天親菩薩論註解 報土因果顕誓願

(てんじんぼさつろんちゅうげ ほうどいんがけんせいがん)

往還廻向由他力 正定之因唯信心

(おうげんねこうゆたりき しょうじょうしいんゆいしんじん)

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃

(わくぜんぼんぶしんじんぽつ しょうちしょうじそくねはん)

必至無量光明土 諸有衆生皆普化

(ひっしむりょうこうみょうど しょうしゅじょうかいふけ)

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入

(どうしゃくけっしょうどうなんしょう ゆいみょうじょうどかつにゅう)

万善自力貶勤修 円満徳号勧専称

(まんぜんじりきへんごんしゅ えんまんとくごうかんせんしょう)

三不三信誨慇懃 像末法滅同悲引

(さんぷさんしんけおんごん ぞうまつほうめつどうひいん)

一生造悪値弘誓 至安養界証妙果

(いっしょうぞうあくちぐぜい しあんにょうがいしょうみょうか)

善導独明仏正意 矜哀定散与逆悪

(ぜんどうどくみょうぶっしょうい こうあいじょうさんよぎゃくあく)

光明名号顕因縁 開入本願大智海

(こうみょうみょうごうけんいんねん かいにゅうほんがんだいちかい)

行者正受金剛心 慶喜一念相応後

(ぎょうじゃしょうじゅこんごうしん きょうきいちねんそうおうご)

与韋提等獲三忍 即証法性之常楽

(よいだいとうぎゃくさんにん そくしょうほっしょうしじょうらく)

源信広開一代教 偏帰安養勧一切

(げんしんこうかいいちだいきょう へんきあんにょうかんいっさい)

専雑執心判浅深 報化二土正弁立

(せんぞうしゅうしんはんせんじん ほうけにどしょうべんりゅう)

極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中

(ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ がやくざいひせっしゅちゅう)

煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我

(ぼんのうしょうげんすいふけん だいひむけんじょうしょうが)

本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人

(ほんしげんくうみょうぶっきょう れんみんぜんまくぼんぶにん)

真宗教証興片州 選択本願弘悪世

(しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう せんじゃくほんがんぐあくせ)

還来生死輪転家 決以疑情為所止

(げんらいしょうじりんでんげ けっちぎじょういしょし)

速入寂静無為楽 必以信心為能入

(そくにゅうじゃくじょうむいらく ひっちしんじんいのうにゅう)

弘経大士宗師等 拯済無辺極濁悪

(ぐきょうだいじしゅうしとう じょうさいむへんごくじょくあく)

道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説

(どうぞくじしゅぐどうしん ゆいかしんしこうそうせつ)

(鐘一打)

南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー)

(鐘一打)

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー なーまーんだーぶー)

南無阿弥陀仏

(なーまーんだーぶー)

(鐘一打)

願以此功徳 平等施一切

(がんにしくどく びょうどうせいっさい)

同発菩提心 往生安楽国

(どうほつぼだいしん おうじょうあんらっこく)

(鐘三打)

 
 
 


浄土真宗本願寺派のお経、正信偈。全文。よみかな付。お寺参りの時の経本持参代わりに。
 

 

まだまだ、使えるオーディオ機器・・たぶん

YAMAHA NS-1000M/REGZA 58M510X

実家に趣味の部屋の分室を・・勝手に・・作り始めて少したつが、寝室のオーディオ環境の整備を。
といっても、実家には使わなくなったものを結構送り込んでいるので、ボチボチその整理も兼ねて。
使える物は使い、使えないものは・・まだ捨てないかもしれないが・・

古いオーディオ機器は使えるのか?

スピーカー YAMAHA NS-1000 MONITOR

YAMAHA NS-1000M
ヤマハのスピーカー、NS-1000 MONITOR

YAMAHA NS-1000Mカタログ
実家に残っていたカタログには1981年11月作成との表記がある。
 
おそらく、このカタログを見て買ったのだろうから、買ったのは1982年頃か。
 
近年、遺品整理としてNS-1000を含め古いものが中古品店に流れているとも聞くが・・
 
ボクはまだ死にましぇん!!   ??

カタログに記載されている価格は¥108,000(1台)となっている。
一緒に書かれているもう一台のNS-1000は¥145,000(1台)也。
 
現在のように通販で安売り店があるような時代ではなく、カメラ、オーディオなどのどちらかといえば趣味の品はほぼ定価で値引きはわずかしかなかったように思う。
 
1982年=昭和57年、今から36年も前。
アタイの給料も月に10万円そこそこだったのではなかろうか・・・
車とカメラのローンを抱えて、さらにこんな買い物してたのか・・・
恐るべき浪費癖!?
いや、この購買意欲が日本経済を支え、・・わが身を破滅に追い込んだ!?
 
YAMAHA NS-1000Mカタログ

 
このスピーカーは東京の四畳半一間の寮住まいの時に買ったのだが、すぐに手狭になって実家に勝手に送り込んだもの。
盆と正月に帰った時に聴くくらい。30年以上も放置してきた。
四畳半一間でこんな大きなの買っちゃイカンかったなぁ。
 
 

プリメインアンプ KENWOOD KA-1080

スピーカーを実家に送ったものの、それまでのアンプが壊れてしまい、音が出せなくなった。
使う頻度もあまり無さそうだったので、安いのを探して買った。
おそらく、1990年代末期頃の製品。
今、見てみると「Made in Korea」となっていた。
こちらも、20年以上放置してた感じか。
 
 

鳴らしてみる

数年前に確認した時点でCDプレーヤーは動かなかったので、処分。
ターンテーブルも回らなかったが、まだレコードも残っているのでひとまずこれをどうするかは保留中。
 
ということで、音源はパソコンのみ。
 
パソコンをつないで音楽を再生してみたが・・・
 
しばらくはボソボソと音がするだけ
ボリュームを回してもボソボソ音が
少しボリュームをグルグル回してるとバリバリ音になってきた。
が、音はこもっている。
たぶん、アンプ側のボリュームの接点は復活してきたんだろうが、次はスピーカー側か。
 
NS-1000Mにはツイーター用とスコーカー用のアッテネーターのつまみがある。
このつまみをグルグル回してるとちゃんと音がし始めた。
 
約20分くらい、アンプのボリーム、スピーカー2台×2個のアッテネーターのつまみをグリグリ、ついでにアンプの入力切替のボタンをバチバチ切り替え。
結構いい音になってきた。
 
HPで調べたらNS-1000Mのアッテネーターを自分でオーバーホールしている人もいたのでアタイもオーバーホールしようかとも考えたのだが、なんとか使用できるようになった。
 
手元に何種類かのアンプとスピーカーがあるが、今の我が家の中ではおそらく一番いい音だと思う。
 
ただ、低音については5.1chアンプにつけている専用ウーファーの方がいい音かも。
 
ウーファーの方はどこか固着でもしているのか・・ホントにウーファーから音でとるか?
 
Realtek HD オーディオマネージャー
パソコンにはRealtek HD オーディオマネージャーがついてる。

このイコライザ―でデフォルトのライブ音源にして、31Hz、62Hzを一番強調してみたら。
お~、ちゃんとウーファーいい音出しとる
 
防音設備のあるリスニングルームでもないので、近所への音漏れを考えたら音圧も必要十分。
昔と違ってパソコン内に音源がある場合、簡単にイコライザ―を通すことができるので音質はいかようにでもできる。
 
ただ、イコライザ―を使うには制限があって、HDMI経由で音を出すときには使えない。
ということで、PCでブルーレイを再生してHDMI経由でテレビに出力しても、音はスピーカー出力にしておく必要がある。
・・まぁ、変更は大した手間でもないが。
 
 
アンプ、スピーカーともにまだ、まだ、現役として使用できそう。
 

音源について思う

レコードの時代は、音の再現性能についてはターンテーブル、CDの時代にはそのプレーヤーの性能次第だった。
物理的なプレスで作られるレコードや市販のCDはどれを買っても音質は同じ買った人が持っている機器で音の違いもでてきた。
 
現在のようにMP3などになってからは録音されたビットレートにより音質も変わるし、再生するパソコンのソフトによっても再現性は変わってくる。
MP3ファイルのプロパティを見るとビットレートが128kbpsだったり、192kbps、320kbpsなどがあったり。
もちろん、ビットレートが高いほど高音質ということになるのだが、ちょっと待てよっと。
 
そのMP3の素性に問題はないのかという疑問もでてくる。
CDからリッピングした場合、そのCDがメーカー製の由緒正しいもので、リッピングしたソフトにバグがなければちゃんとしたそれなりの音質だと思う。
また、メーカーのダウンロードサイトから購入したものもちゃんとした音質だと・・信じるしかない。
あくまでも、自分で素性を確認したものは高ビットレート=高音質だと思う。
 
ただ、それ以外の方法でいくらでも高ビットレートのMP3ファイルは作成できるのが現実。
例えば、CDプレーヤーで再生する音をイヤホンジャックでパソコンに接続するといった方法で録音。
この時、録音ソフトでいくらでも高ビットレートで録音できるが、単純なアナログ録音なので音質はよくなるはずもない。
 
また、youtubeなどのファイルをダウンロードして変換するソフトなどで保存時に高いビットレートを指定して変換している場合など。
これも元の音源が128kbpsの場合、それ以上の高ビットレートでも保存はできるが、もともとの音質以上のいい音にはなりようがない。
 
ということで、MP3ファイルのプロパティにあるビットレートと音質が比例しているかどうかを知っているのはそのMP3を作成した人くらいかな。
ビットレートが高いMP3ファイルだから、いい音とは限りません
 
じゃ、同じ音源をビットレートを変えて録音した場合、192kbpsと320kbpsの違いを聞き分けられるか・・かなり難しそうだ。
聞き分けを試すことができるサイトもあるので試してもよいかも。
アタイには無理そう。
 
 

オーディオに関する結論としては・・

昔から言われていることだが、機器の組み合わせ、聴く場所、音源の音質、聞き手の好み等々千差万別でありオーディオは自分が満足すれば、それでよい、ということ。
 
アタイはズン、ズンと低音の効いたパーカッションとともに大画面の中で踊っているPerfumeを眺めながら酒を飲むこの環境が気に入りました。
やっぱ、ライブはええ。
 

YAMAHA NS-1000M/REGZA 58M510X
テレビはレグザの58インチ。
 
歳をとると小さい字が見えないので・・
けっこうPerfumeも大きく映るし・・

プリメインアンプのケースの塗装

20年以上放置していたアンプのケース、なんかベトついていた。
ガラス戸付きのオーディオラック内に入れてたので、何かが垂れてきたということはないのだが。

KENWOOD KA-1080
オーディオラックから出して1か月くらいしたら、ベトついているのでホコリがついて拭きとれない。

KENWOOD KA-1080
一部分とくにひどいところがあるが、全体がベトついており、塗料自体の問題だと思う。

よし、剥がしてスプレーで塗装しよう。
 
 
カンペハピオ
取り外して庭に新聞紙を敷いて作業。

カンペハピオ
カンペハピオという塗料はがし剤と筆を買ってきた。
¥1,200くらい。
スプレーは家にある・・ハズ。

KA-1080 塗装剥がし
結構ドロッとしている

KA-1080 塗装剥がし
全体に塗った。
塗料はがし剤はこの後しばらく使うことがないだろうからちょっとたっぷり目に。

塗装剥がし 30分後
30分してみると・・・
だいぶ乾いているが・・
 
昔はがし剤を使ったときはプクプクと膨れ上がって塗料が剥がれていたのだが・・
 
割りばしでゴシゴシこすってみても全然塗料は浮いていない・・・

ウ~ム、焼付塗装なんだろうけど、これにはこの塗料はがし剤は使えないみたい
まぁ、商品には「焼付塗装は剥離が難しいものがあったり」と書かれているが、ここまでまったく変化がないとは思わんかった。
少しでも浮き上がれば後は耐水ペーパーでと安易に思っていたのだが・・
 
ひとまずティッシュペーパーではがし剤をふき取って水洗いした。
 
塗装剥がせなかった
なんと、ネチョネチョとしたベタ付はなくなっていた。
また、塗料の浮きも一切なかった。
 
この写真ではちょっとグレーぽく写っているがちゃんと黒色のまま。
 
・・このまま使える。

もしかしたら、洗剤で洗っただけでベタつきは洗い落とせたのかも。
¥1,200、無駄な投資だったか・・
焼付塗装にははがし剤は効かないのが分かった授業料と考えるか。
 

KENWOOD KA-1080
アンプの内部はほとんど使用せず、ガラス戸付きのオーディオラック内に入れてたのでホコリもほとんどない良い状態。
 
永持するかも。

KENWOOD KA-1080
ひとまず、置き場所を決めるまでコの字型になっているスピーカー台に押し込んどいた。
・・粗末にしすぎか?

1 2 3 20