EF59(EF53)形機関車

山陽本線の瀬野-八本松間の22.6パーミルの勾配の補機として、EF53形19両、さらに増備としてEF56形5両が改造されて24両のEF59が誕生した。
運転時間を短縮するため走行しながら自連を解放することができる装置をもっていた。

当時最強のEF66が牽引する列車でもこのEF59の補機がついていた。
デッキ付きの茶色い旧型電機がスマートなブルーのEF66をサポートする姿はたくましいものであった。
また、任務を終えて重連、四重連でゆっくり帰っていく姿もいいものであった。

 

静態保存機関車

機関車 所在地 備考
EF59 1 群馬県安中市松井田町横川407-16 碓氷峠鉄道文化むら マピオンで場所を見る
EF53 2 (EF59 11) 群馬県安中市松井田町横川407-16 碓氷峠鉄道文化むら マピオンで場所を見る
情報が古くなっている場合があります。

地図が読み込めませんでした。