Nゲージ 機関車

KATO

  • 質感からいえばKATOの機関車はよくできている。走行音も静かだ。
    最近でこそ蒸気機関車は他のメーカからたくさん出ているようだが、私が集めていた頃はKATOと有井(マイクロエース)しかなかった。

Tomix

  • (最近のものはわからないが)ちょっと走行音がにぎやかな感じがする。また、ちょっとプラスチック感が強いかも。
    ただし、話題性のあるものが多い。
    また、蒸気機関車がないにもかかわらずターンテーブルがあった。逆にKATOは蒸気機関車があるのにターンテーブルがなかったり。

マイクロエース

  • 特定ナンバーの機関車が多く出ている。車種も豊富で嬉しいところだ。
9600形機関車
大正時代の機関車ながら、蒸気機関車末期まで大活躍。小さなレイアウト、駅構内に蒸気がたむろす場所があるレイアウトならどこに置いててもいいし、石炭車や黒い貨車の牽引にもいい。
C55形機関車
1,750mmの大径スポーク動輪、近代型のスタイルを確立した機関車。レイアウト上では茶からブルーの客車の牽引か。
C57形機関車
C形機関車で初めて箱型輪心を採用した機関車。レイアウト上ではC55同様、茶からブルーの客車の牽引か。
C58形機関車
中型の万能機関車。近年を再現したレイアウトならどんな場所にいてもおかしくないと思う。
C59形機関車
東海道、山陽筋の戦前の特急列車を牽引させるなら、この大型機か。長編成を引かせるには大きなレイアウトが必要か。
C60形機関車
C59を東海道、山陽から転出させるときに従台車を2軸化。イメージ的には東北、九州のレイアウト向けか。C59、C62より短い数両編成の客車でも似合いそう。
C62形機関車
戦後の特急列車の牽引にはやはり、これ。レイアウトも大きくないと。函館の山線をイメージした山間部の中を走らせるのもよいかも。
D51形機関車
1,115両とわが国の最大両数を誇った機関車。蒸気がいるレイアウトならどこにいてもおかしくないが、長めの貨車を牽かせたい。
EF15形機関車とEF57形機関車
いわゆる旧型電機。
茶色のボディは無骨ながら力強さを感じるもんで。茶色系の客車の牽引ならこれか。
EF58形機関車
戦後のブルー系の客車、特急列車から荷物列車までならこれでしょう。大きな駅のレイアウトが作れるなら、蒸気と交代の場面もできるかも。
EF64(1000)形機関車
国鉄最後の新製電機。ブルトレもいいが、やはり青梅線などでみたホッパ車を牽かせた姿がいいけど。
EF65形機関車
0番台なら貨車でしょうが、500番台、1000番台ならやっぱブルトレかコンテナのみの列車の牽引のイメージ。
EF66形機関車
私のイメージの中ではブルトレはEF65。EF66は長大なコンテナ列車か白い冷蔵車レサ10000系による鮮魚列車。
EF30形機関車とEF81形機関車
関門トンネル用のステンレスボディの電機。レイアウト上ではEF30は客貨車の牽引というより、重連で待機して構内を往復か。
EF65形、EF81形機関車 スーパーエクスプレス・レインボーの牽引機塗色
実機にはいろいろな運用があるが、やはりレイアウト上ではレインボー専用か。
ED75形機関車、EF70形機関車、EF71形機関車
私が住むのは直流電化地方。赤い機関車にはなじみが薄いので、レイアウト上を走られるより、交直流の境の機関区のセクションを作りたいが。
DD51形機関車
ディーゼル特急とあわせて山間のレイアウトで貨車を牽引させたいが。
DE10形機関車
貨車を留置できる線を確保したレイアウト上で構内をちょこちょこ動かしたい機関車。
DE15形機関車
雪景色のレイアウトでなければ、ちょっと活躍の場が少ないものであるが。

DE10形機関車(KATO、TOMIX)

1966年(昭和41年)に登場した機関車で、入換機(いれき)の定番といえるDE10形機関車。
製造両数もDD51より多い。

KATO TOMIX DE10形機関車
これなら、どんな小さな駅のセクションの構内にたたずんでいてもいいかなぁと。

走らせるなら、2~3両の青色の旧型客車かワムやワフなど雑多な編成の貨車を数両というところでしょうか。

KATO TOMIX DE10形機関車


駅の隅っこに留置したり、電気機関車が混じると、(私としては)どうしてもディーゼル機関車は脇役のようなイメージとなってしまうが、ディーゼル機関車ばかりが並ぶと、それはそれでいい雰囲気になるかも。

DE10
稚内駅で見かけたDE10。
雪景色の中で、オレンジのディーゼルはいいかも。

もっとも写真では雪の白が飛んじゃって・・もう少し上手に撮らないと、「オッ、いいなぁ」という感動は得られませんが。

DE10とDD51の重連
同じく雪景色の中でDE10とDD51の重連を見かけた。

DD51(KATO、TOMIX)

1962年(昭和37年)に登場したディーゼル機関車。
KATO DD51形機関車
小さな駅のセクションにDE10をゴロンと留置しておくと絵になるかもしれないが、DD51はちょっとという感じでしょうか。

海岸沿いの架線が無いレイアウトでブルトレを牽かすと気分は寝台特急出雲か。

あとは、雑多な貨車を引かすより、長めの編成の茶色のコキあたりがいいかも。

ディーゼル機関車の排気口はかなり黒く汚れているが、まだまだウェザリングの技術が未熟なため未実施。
もう一両買ったらやってみてもいいかも。やっぱ、失敗のことを考えるとボディだけ買って試すのが一番かなぁ。

DD51 北斗星重連

青色塗装の北斗星の牽引機。
北斗星の牽引機はやっぱ重連でしょうということで2両揃えたが、KATOとTOMIX双方から出ているので、それぞれ1両ずつ調達した。

違うメーカの機関車を重連で走らすと・・まだ試していない(^^;
まぁ、他の機関車の例をみるとどちらかにひっぱられて・・ギクシャクなるかも。


一応、先頭にたつ機関車のみヘッドマークをつけておいた。

並べてみると、ひかえめな?おじさんの部類の私は華やかで話題性のあるものより、やっぱ一般色が好きである。

EF65形機関車(KATO)

我が家でのブルトレ牽引機のエースはEF65形機関車。

EF65(500番台)形機関車
EF65(500番台)形機関車
前面非貫通のEF65(500番台)形機関車。
0番台に比べて、前面のクリーム色がフロントガラスの上部まで伸びて、側面に帯が回りこむだけで「ああ、特急牽引機だぁ」と感じるもんですなぁ。
ブルトレ牽引機は1000番台もいいが、500番台もいい。もうちょっと増備したい。

EF65(500番台)形機関車
EF65(500番台)形機関車

EF65(1000番台)形機関車
EF65(1000番台)形機関車
前面に貫通扉をもつEF65(1000番台)形機関車。

EF66形、EF65(500番台)形、EF65(1000番台)形機関車
EF66形、EF65(1000番台)形、EF65(500番台)形機関車。
我が家でのブルトレ牽引機のエースなのだが、こうして並べていると東京機関区の撮影会みたい。


EF66、EF65(1000番台)、EF65(500番台)

EF65(1000)とみずほ
寝台特急「みずほ」を牽引するEF65(1000)形機関車。
ネガフィルムをスキャンしてデジタル化しようとしているが手遅れのものが多い。
ひとまず、ちょっとでも色あせが少ないものが見つかるまでこれを載っけとこう。

海岸線沿いを走るようなレイアウトが作りたい海育ちの私です。

EF65(1000)と瀬戸
寝台特急「瀬戸」を牽引するEF65(1000)形機関車。
こちらも、写真は色あせ。

EF81形機関車とEF30形機関車(TOMIX)

関門トンネル用のステンレスコルゲート貼りの機関車、EF30とEF81(300)。

夕陽に輝くシルバーの機関車はいいですなぁ。

 
 

EF30 三連
下関構内で入れ替え、回送中のEF30の三連の姿を見かけたことがあるが…

EF30 重連
EF30は運用上は重連なので、やはり重連はできなくちゃということで2両揃えた。
・・でも、3両買ったら4両目が欲しくなりそうだから…2両でおしまい。

 
 

EF81 300
じゃ、EF81の300番台は実車が4両..
現在のところローズピンクのを合わせて計3両だからもう1両買えばいいのか!?
できればJRのマークがない方がいいのだが。

EF81 300 コンバージョンキット
かなり昔、EF81 300がなかなか再生産されなかった頃、EF81-300コンバージョンキットなるものを買った。
KATO、TOMIXのEF81の側面パーツを削って、エッチングのコルゲートシートを貼る物なのだが・・
やっぱ、新品を買って削るのはチョットなぁ、ということでほったらかし。
JRマーク付きとはいえ、新品のEF81 300も入手しやすそうだし、やっぱ新品のEF81 300を買ったほうが良いのか!?

EF81 300 とEF30
EF81 300 とEF30

 
 

EF81_301_302
ブルートレインが到着する時間帯の下関駅ではEF81がいったりきたり。

出発を待つEF81 302
下関から門司に向けて出発を待つEF81 302。

EF81 出羽
寝台特急出羽を牽引するEF81。
EF81の0番台は、私の中では北国の機関車。

EF81 日本海
寝台特急日本海を牽引するEF81。

1 2 3 4