Nゲージ レイアウト内のスピーカー・・その後

Nゲージ レイアウト内のスピーカー

Nゲージのレイアウト内に置こうとして作ったスピーカー

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
反対側は・・
高架駅付近に紛れ込まそうとペーパークラフトのビルの絵を貼り付けた。
 
こちらが正面なのか!?

駅のアナウンス、交通信号のピヨピヨ音・故郷の空などを流すつもり。
音源は市販のMK-144というMP3ボード。
音声データ(MP3ファイル)はパソコンとUSBでつないでメモリ内に入れるのだが、この製品も古いものでサポートするOSはWindowsXPまで。
実際にはWindows7でも問題なく動いていたがWindows10になってからは認識しなくなった。
後継の製品も出ているようだがPICマイコンとMP3デコーダICのVS1011Eを使ったプレーヤー、dsPIC33を使って単体でWAV再生ができるプレーヤーを結構作ったのでもう市販品は買わず、こちらもお役御免間近というところ。
 

自作のものは音源をSDカードに記録するもの。
VS1011Eも終息気味のようだがSDカードにさえ書き込みができればずっと使えるはず。

Nゲージレイアウト用交通信号機音声部
レイアウトのメインとなる部分のポイントマシン類を制御する補助の制御盤。
レイアウトのすぐそばで、Nゲージレイアウト用制御盤のコマンドを受けて動作する。
この中にMP3ボードMK-144を入れ、ここにあるスピーカーとレイアウト内に設置するスピーカーを切り替えて再生できるようにしていたのだが。

 
今のところまだ廃棄前のWindowsXP機があるので、音声データの入れ換えが困難になる前にひとまず取り外してプラモデルなどの展示台に流用することを考えて音声データを入れておくことにした。
 
補助の制御盤
MK-144を取っ払った補助の制御盤。
しかし、ボードは徐々に出来つつある。
ここでもポイントの操作ができるようになる予定。
ポイントの開通方向もLEDで表示。

話を戻して、取っ払ったサウンド部にはPIC24でSDカードのWAVを再生する機能も付けていたが、WAVファイルの対応はビットレート8kHzまで。
同時に2ファイルのモノラルのものが再生できるが、dsPIC33で44.1kHzのものが再生できる今となってはちょっと見劣りがする。
 

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
PIC24は取り払ってMK-144の制御用にPIC16F1823を付けた。
黄色いロータリースイッチでフォルダを指定する。
ロータリースイッチのポジションは10個。
なので、10個のフォルダに分けて管理する音を再生できる。
 

耳のように見えるのは基板取り付け用のスピーカー。
 
基板からはみ出して付けてます・・

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
1つのスピーカーにミキシングせず、両耳つけてステレオ対応。

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
背面はアンプとスピーカー切換のロータリースイッチ。
ここにアンプがあるので、スピーカー側に用意した基板にはアンプは付けなかった。

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
・・ということで、スピーカー部の基板はミニプラグのジャックのみという寂しいものに。
 
スピーカーの回りに張った壁紙用のシートに皺ができてた。
なんでじゃ!?

 
 
肝心の音は・・
当初、中は区切らず一つの箱の状態で試してみたが少しこもった感じだった。
そこで、中をダンボールで右のスピーカーの部屋、真ん中の部屋、左のスピーカーの部屋に区切ったところ結構いい音になった。
アンプはLM386。
よく無音時にボリュームを上げるとブーンというハム音がでる場合があるが、今回の回路、配線には問題が無かったようでこれもほとんど気にならないレベル。
アマゾンで実売1,000円程度のスピーカーなら十分太刀打ち出来る。
 
 
駅のアナウンス、雑踏の音などを流すつもりだったがもうちょっとまともなBGMを流してもいいかも。
 
 
あれ!?
これまでレイアウトの高架駅部分は背面が見えない前提でスピーカーを背面方向に向け、こちらに見える側にペーパークラフトの絵を貼り付けていた。
たいした音を出すわけじゃないからとスピーカーは後ろ向き。
でもちゃんとしたBGMを流すなら、スピーカーはこっちを向かないと。
で、反対に向けると左右の音が逆になる。しかも、高架の下にスピーカーの黒い丸が2つこちらを向くことになる。
 
やっぱ、音は背後に向けて出さざるを得ないか。

Nゲージ レイアウト内のスピーカー

Nゲージのレイアウトに組み込むMP3、WAVプレーヤーを増産中。
すでに駅のアナウンスなどを再生するMP3プレーヤーなども幾つか作っている。
4つのMP3プレーヤーの出力はアンプの前でミキシングして駅付近に置く2組のステレオスピーカー計4個から出力するようにした。
980円のパソコン用スピーカーの安いやつ。
 
増産中のプレーヤーの音もそれにミキシングして同じスピーカーから出しても良いのだが、やっぱ音に広がりがなくなりそう。
 
と、いうことで1個100円のスピーカーをいくつか台枠の下に組み込んだりする予定で工作中。
 
まぁ、安いスピーカーなので音質がどうのこうのといえるものではない。
それに、再生しようとしているのは音楽ではなく駅やら機関区の「音」なので。
 
要はその音がそれなりの場所から出てればいいかな、と。
 
高架駅も作る予定なのだが、この付近ではガード下の騒々しい音が出ていれば・・
 
高架駅の裏側に配置するように箱型のスピーカーボックスを作った。
レイアウト正面からは見えない部分に配置する予定。
 
容量の計算?
そんなものしてません。(^^;
エンクロージャーという立派なものじゃなく、ただの箱ですから。
 

Nゲージ レイアウト内のスピーカー

見えなくなる予定とはいえ、実際には視点をずらすと見えるでしょうなぁ。
ということで、表面にはペーパークラフトのビルの絵を貼った。

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
一応側面も。

Nゲージ レイアウト内のスピーカー
裏側のスピーカーはφ50のものを2つ。
ステレオです・・
真ん中にアンプも組み込めるように基板を置いたが、電源ケーブルやスイッチ、ボリュームの配線等をどうするかという問題もある。

実際にレイアウトに組み込むときにこれにアンプも作るか、アンプは別の場所に置いてこれは単純にスピーカーだけという形をとるか。
いきあたりばったりです。

 
 
ちなみに、スピーカーを裸で鳴らすと高音でシャカシャカが強調されたかのような音。
雑踏の音、ガード下の音を長いこと流すと本当に不快な音に聞こえてくる。
箱に入れると強調された高音はなくなる。
ただし、低音というより少しこもった音の感じが強くなった。

・・まぁ、いい音というにはほど遠い。
市販の980円のスピーカーの方が少しマシかも。
 
ただ、自作のものはもうちょっと小さい箱にもできるだろうから、場所をとらないものができるというメリットもある。
 
 

その後はこうなりました。

1 2 3 6