鉄道模型(HOゲージ)の部屋

  • HOゲージは、線路軌間が16.5mmで、日本型車両は1/80スケールで作られる。しかし、その規格・・というか、HOゲージと言えば16.5mm、1/80スケールといった時代は2~30年前のもの。 今では、軌間が12mm、13mm、スケールが1/87、1/76など多種多様の雑多な規格が乱立する世界に思える。いろんな意見に対応するメーカーが増えたのも一因かもしれないし、モーター等も小型のものができるようになって狭軌の機関車も適正なスケールで作ることができるようになったのかもしれない。
  • 最近のキットや完成品はディテールもすばらしい物であるが、値段もすばらしい物である。模型屋さんの店頭には一両で10数万円を軽く超えてしまう完成品がずらりとならび、真鍮製のキットでも大型機関車になれば10万円になってしまう。 もうすでにHOゲージは子供のおもちゃではなく、大人のコレクションと化している。もっとも、昔も所得水準から見ればそれなりに高価だったのかもしれないが。 日本の住宅事情から言えば走らせる場所も確保できない、車両も高価で何台も手に入れることができない。必然的に台数を絞ってディスプレイ傾向になる。従って軌間が異なろうが、スケールが異なろうが問題は少ない・・ということになるんだろうか?
  • 高価なものとなったHOゲージは私の「趣味の部屋」の中では、衰退の兆しがある。寂しい限りである。

趣味の部屋にある車両

趣味の部屋にあるストラクチャ

線路班詰所

エコーモデルの保線詰所。
単線機関庫と同じく書棚に収容できるようにベースを作成しようとしている。
レールを敷き、詰所を置く場所はボール紙で確保。石膏で地面を作ったところで工事は中断。
すでに何年が経過したかすらわからなくなった。
 
ベースは保管しているが、粗末に扱われているため石膏にひび割れ発生...

 
おそらく工事再開予定は定年後。
それまでに私が死んでしまうとベースは燃えるゴミ直行候補ナンバー1。
レールがあるから鉄道模型を作ろうとしていたことはわかってもらえると思うが、レールが剥がれていたら..自分でも思い出せなかったりして..

単線機関庫

いつもは、書棚に飾ってある機関庫。
エコーモデルの製品をそのまま組んだものである。

書棚にあるときは、C62が休んでいる。なぜこのような単線機関庫にC62が入線しているか..
それは当鉄道がC62と未完成のC57しか所有していないためであるが、寂しい限りである。

書棚の棚板はHOゲージの小規模なシーナリーを作るのにちょうど良いサイズである。
作った後はそのまま書棚に入れるとそれなりの防塵効果がある。(ただし、数年もすると結構埃も積んでいる。)
また、移動させることが少ないため破損防止にも都合がよい。

欠点は..何でも棚板に作ると肝心の本を入れる棚板がなくなるということ。ほどほどにしないと単なる模型の飾り棚になる。

単線機関庫(エコーモデル製)
1990年少し前の製品だったであろうか。
ボール紙のベースに幅数ミリの木目調のSTウッドなるものを貼り着色していく。
窓は塩ビに窓枠が印刷されているものであるが、ステンレスの窓枠も発売されていた。
 
頑張って作るゾッと窓枠も購入したが、完成品には塩ビの窓枠がついている...
 
ステンレスの窓枠を使って他のものを作るんだ~
..という気持ちとともに窓枠は保管されている。

趣味の部屋に現存するHOゲージ車両

C62とC57の上周り
C62、写真は2枚だが、もってるのは一つ(^^;
C57の下周りは13mm化をしていたのだが、集まらない車軸があって中断。
結局このような状態のまま放置されることになった。
やっぱ、部品が入手しやすいのが一番。若しくは、すべて部品が手に入ることを確認してから始めなくちゃ..
ということで、手遅れだけど何とかしなくちゃ。

EF70、EF64(1000)、EF81(300)
EF70は1970年代始め頃、私が最初に買ってもらった記念すべきHOゲージ。
色を塗り替えて今も健在。
EF64(1000) 、EF81(300)は真鍮キットをストレートに組み立てたもの。

ホキ800
写真は2枚6両あるように見えるが、もってるのは三両だけ..バラストを満載した工臨列車が好きでした。

ちなみに、空車の場合のホッパ部はこんな感じ

EF70以外は真鍮キットを組み立てたものである。

他にも貨車が数両あるのだが、なんとも寂しい所帯となってしまった。

C62