戦艦 大和

1/200 ディスプレータイプ
1/200 戦艦 大和

ニチモ株式会社(日本模型株式会社) ¥25,200

(2006年10月 購入)

世界最大のプラモデルと言われているニチモの大和。
完成品を見たことがあるが、立派なものである。

ちなみに、別の会社からディテールアップするためのエッチングパーツも販売されているが、本体並みの価格。複数のエッチングパーツを使用すると本体以上。ヒェ~

このニチモの戦艦大和には、「ディスプレイタイプ」「スタンダードタイプ」「ラジオコントロールタイプ」の3タイプがある。

「スタンダードタイプ」は、スクリューや主砲が動くが..水上の走行には適していないとのこと。
ただ、スタンダードタイプからRCタイプに変更するためのパーツもあるみたいではある。

「RCタイプ」は、ラジコンで走行できるが、私には走行させる場所が思い浮かばない。
それに、RCで舵取りを行うため、やたらラダーが大きい。普段は簡単に取り外せるのだろうか?

時間がとれれば、サーボなどを組み込んで砲塔を旋回させるようにできるかも、ということで、ディスプレイタイプを選択。

技量が追いつくかどうかはともかく、いろいろと構想を描くのは頭を使うにはいいかも。
老後に時間ができたとき、考えましょう。
..買ったことを忘れるようになる前に作らなくちゃ(^^;

ちなみに、1/200スケールの大和にはロストワックスやレジンで作られている模型が小西製作所から販売されているが、結構なお値段で(^^;
博物館展示用にも適してますというコピーもあるが、我が家は一般家庭なのでプラモデルで。

日本潜水艦 伊-1&伊-6

伊-1 & 伊-6
1/700 ウォーターラインシリーズ No.431
日本潜水艦 伊-1 & 伊-6

株式会社 アオシマ文化教材社 ¥800 (税別)
2011年04月購入

1/700スケールという小さいスケールの中でももっとも小さい部類か。
伊-1は全長97.5mというから、1/700で約14cm。

結構簡単に作れると思う・・しかし、ちぃちゃい分、今作ってはなくなる可能性が高い。
やっぱ、他の艦船と一緒に作って共に飾るのが吉。
という、理由から製作に着手せず。

ウ~ム、本当に集めるだけで作る前に息絶えるのではなかろうか。
作る時期もボチボチ考えんとなぁ。