Honda NSR500 FACTORY COLOR (1/12)

1/12 オートバイシリーズ No.99 ホンダ NSR500 ファクトーカラー

 

1/12 オートバイシリーズ №124 スターティングライダー」を買ったときに、この人形と一緒に飾るバイクを探したときに買ったプラモデル。

スターティングライダーは、レースのスタート時に押しがけをしていた1980年代のシーンを再現するもの。
バイクも1980年代のものが欲しい。

まぁ、プラモデルを自在に加工する技術があれば、コースアウトして破損したバイクを押しているシーンなども再現できるかも。
・・貧相なイマジネーションしか持たないおじさんとしてはここまで考えただけで精一杯。

それに、割れたカウルや曲がったタイヤなどを表現する技術もない。
(カウルが割れたり曲がったタイヤのバイクを引きずって歩くライダーなんていないか・・)

「高々2,000円くらいのプラモデル。」というより、やっぱ「2,000円もするプラモデル。」
もったいなくて新品のプラモデルを曲げて加工しようとする気になれない、しみったれた小さなオヤジ・・

ウ~ム、そこまで卑屈にならなくてもいいか(^^;

 

ホンダ NSR500 ファクトーカラー
タミヤ

2014年購入 (購入時価格 ¥2,200(税別))

1986年に全日本ロードレース選手権に登場したHondaレーシング純正カラーのNSR500。
年代的には押しがけをしていた頃のバイクなので、ストレートに人形とバイクを組み合わせて作るにはもってこい。

元々ライダーは「1/12 オートバイシリーズ №42 HONDA NS500とスターティングライダー」として組み合わせて発売されてたもので、このNS500は1983年のもの。
今回買ったものはNSからNSRへと進化した1986年のバイク・・・
・・・実際にNSR500が押しがけでスタートしてたかどうかは知らない(^^;
深く考えるのはやめよう。

 

別に押しがけしてるところじゃなくて、ピットから出てきてるところと言ってもいいんだし。
・・アラッ!?だったら別に1980年代のバイクでなくても良いじゃん。
ウ~ム、いろいろと考えていくと自己矛盾が・・
これじゃぁ、適当にいろんなものを組み合わせてご都合主義でシチュエーションを考えればいいってことか?

 

ホンダ NSR500 ファクトーカラー キット構成

キット構成

スターティングライダーとNSR500
オートバイシリーズ№124 の人形自体はリニューアルされたものだが、ベースはオートバイシリーズ№42。
モデルはフレディ・スペンサーだそうだ。
気になるのは人形にデカールが一切ついていなかったこと。

 

ホンダ NSR500 ファクトーカラー デカール

マシンのデカールに人形に貼れるようなものは・・
・・なさそう。

どないすっぺ。

タミヤの人形のHPでは、「頭部、胴体、手足に分けられ、胴体や手足が2分割構成となっているためオートバイに合わせやすく改造も手軽。」となっている。

スターティングライダーの場合、ハンドルの幅と角度が人形の手の幅と合うのかがポイント。
・・合うのか?

 

Honda CR450R(1/12)

1/12 オートバイシリーズ No.18 ホンダ CR450R モトクロスライダー付き
ホンダ CR450R
タミヤ

2014年購入 (購入時価格 ¥2,800(税別))

1984年~1985年に発売されたタミヤのライダー3体が製品番号も新たに振りなおされて・・デカールも無くなって・・発売されていた。

これら3体のライダーに先立って1983年に発売されたのが、モトクロスバイクでジャンピングの姿勢をとるジャンピングライダー(オートバイシリーズ №27)。

このライダーこそ、1/12 オートバイシリーズに初めて登場したライダーで、当初は「オートバイシリーズ No.18 ホンダ CR450R」に付属したライダー。

オートバイシリーズには他にも何点かライダーが付属しているバイクがある。
我が家にストックしてあるものでは、ヤマハ・ビラーゴとツーリングライダー。

永らくライダー単体やらライダー付きのバイクは見かけなかったような気がする。
さほど気にしていなかったから気づかなかっただけかも知れないが。

が、ここにきて続々見かけるようになった。

モトクロッサーも、このCR450Rの他にホンダ CR250R、スズキRM250などが店頭に並んでいた。

ならばジャンピングライダーも単体のものが再販されているのかと思って探したが、こちらは無かった。

ひとまず、久方ぶりに見かけた人形付きの製品・CR450R モトクロスライダー付きをストック。

 

で、このCR450Rは1981年に市販されたモトクロッサーとのこと。
昭和56年・・・車に乗ってた時代。実車のことはよく知らない・・・

ホンダ CR450R キット構成
キット構成

ホンダ CR450R ライダー
3体の単品ライダーにはデカールが付属していなくて、創意工夫能力に欠けるあたいとしてはヒジョーに困った状態。

一方この製品に付属するライダーには・・良かった、デカールがついていた。

YAMAHA YZR-M1’04(1/12)

1/12 オートバイシリーズ No.100 ヤマハ YZR-M1 ’04 №7/№33

YAMAHA YZR-M1 '04
タミヤ

2014年購入 (購入時価格 ¥3,300(税別))

1/12 オートバイシリーズ №122 レーシングライダー」を買ったときに、この人形と一緒に飾るバイクを探して買ったプラモデル。

人形はハングオンスタイルでコーナリング中のケニー・ロバーツがモデル。
もちろん、ケニー・ロバーツと言えばヤマハ。

ということで、店頭にあったヤマハのレーシングバイクYZR-M1 ’04 を購入。
ライダーのモデルとなったのはケニー・ロバーツ父であるが、バイクの年代的にはケニー・ロバーツ・ジュニアの年代。ただし、2004年頃はスズキに乗っていたようだ。

 

YAMAHA YZR-M1 '04 キット構成
キット構成

 

タミヤの人形のHPでは、「頭部、胴体、手足に分けられ、胴体や手足が2分割構成となっているためオートバイに合わせやすく改造も手軽。」となっている。
また、バイクの方は、「小柄な体格のメランドリ選手のために用意された専用のシートとシートカウル部品も再現」とある。

ハングオンの姿勢と小さめのシートなら、お尻の肉を大きく削り取らなくてもちゃんとバイクに乗っけ・・イヤ、引っ掛けることができそうな気がする。
いい組み合わせかも知れない。

 

レーシングライダーとYZR500
レーシングライダーとYZR-M1

YAMAHA YZR-M1 '04 デカール

人形にデカールが一切ついていなかったのであるが、このマシンのデカールに人形に貼れるようなものは・・

もしかしたら、ミシュランの文字のデカールが2枚余りそうか?

・・ちょっと心もとない。

人形のプラモデルにデカールくらいつけてくれよ。タミヤさん。

 

1/12オートバイシリーズ ライダー人形

タミヤの1/12 オートバイシリーズにライダーが付属したのは1983年に発売された№18 ホンダCR450モトクロッサーからのようだ。
その後何点かのライダー付きの製品が発売されている。

ジャンピングライダー、レーシングライダー、ストレートランライダー、スターティングライダーは単品で製品化されていた。

その中でレーシングライダー、ストレートランライダー、スターティングライダーが2013年2月に新たにシリーズ番号を振りなおされて1/12 オートバイシリーズにラインナップされた。

タミヤ 1/12 オートバイシリーズ №122 レーシングライダー

1984年に№33 レーシングライダーとして発売されていた製品のリニューアルのようだ。
もともとは1983年に№26として発売された「ケニー・ロバーツ&YAMAHA YZR500」に付属していた人形。
つまり、この人はハングオンスタイルでコーナリング中のケニー・ロバーツさん。

1986年にも№50 ホンダNS500とレーシングライダーとして登場している。
レーシングライダー

Item No:14122

2014年購入 (購入時価格 ¥600(税別))

レーシングライダー キット構成
キット構成

さて、人形は買ったもののバイクはどうなる!?

№26「ケニー・ロバーツ&YAMAHA YZR500」のYZR500は何あろう1/12 オートバイシリーズの最初の製品。
数年前に再販されていたのを見たことがある。
だが現時点ではネット通販などで探しても見当たらなかった。

これまでいろんなバイクのプラモデルをストックしてきたけど、ほぼ全てが市販車のモデルで、レース用のバイクは買っていない。

ということで、グランプリレーサーを探しに出かけてみた。

レーシングライダーとYZR-M1
何点か目に入った中で選んだのが
YAMAHA YZR-M1 ’04

やっぱ、コーナリングはヤマハでしょう・・・

タミヤ 1/12 オートバイシリーズ №123 ストレートランライダー

1985年に№40 ストレートランライダーとして発売されていた製品のリニューアル。
これは同年に「YAMAHA YZR500(OW70)とストレートランライダー」として№43でバイクと一緒に発売されている。

YZR500(OW70)自体は1984年に№38 として発売されている。

ストレートランライダー
Item No:14123

2014年購入 (購入時価格 ¥600(税別))

ちなみにこのおじさんもケニー・ロバーツさん。YZR500(OW70)は最後に乗ったバイクのようだ。

ストレートランライダー キット構成
キット構成

ストレートランライダーとドゥカティ デスモセディチ
こちらのバイクも店頭にあったものから選んだが、ヤマハばかりじゃ面白くないので
ドゥカティ デスモセディチ
にした。

タミヤ 1/12 オートバイシリーズ №124 スターティングライダー

1985年に№41 スターティングライダーとして発売されていた製品のリニューアル。
これは同年に「HONDA NS500とスターティングライダー」として№42でバイクと一緒に発売されている。

NS500自体は1984年に№32 として発売されている。

スターティングライダー
Item No:14124

2014年購入 (購入時価格 ¥600(税別))

スタート時のエンジンを押しがけするスタイルが再現されている。

スターティングライダー キット構成
キット構成

スターティングライダーとNSR500
エンジンの押しがけがみられたのは1980年代まで。
ということでバイクは最新のものじゃなく、やっぱ1980年代までのマシンが欲しい・・小さなこだわりです。
・・で、飾る時は別のバイクになってたりして(^^;

通販サイトで調べたところ、
ホンダNSR500ファクトリーカラー
があった。

1986年のマシンということで、良いんじゃなかろうか。

で、ここまでは良いんですけど・・
肝心の人形にデカールが一切ついていない(^^;
昔の製品にはついていたようなのだが、リニューアルされた製品には一切デカールがついていない・・

やっぱ、それじゃぁ締りが無いでしょうに・・

だって、メットもウェアも黒一色で塗って原付バイクと並べたらどう見てもレーシングライダーじゃなくて・・
バイクで逃走するコンビニ強盗やひったくりにしか見えないジャン!

別売のデカールもなさそう。
バイク本体のデカールから流用できるものがあればいいけど。

それともやっぱ、フッと頭に浮かんだイメージ通り、原付バイクと並べてコンビニ強盗仕様にするべか?

 

Harley-Davidson FLSTFB Fat Boy Lo

1/6 オートバイシリーズ No.41 FLSTFB ファットボーイ ロー
タミヤ FLSTFB ファットボーイ ロー
タミヤ

2014年購入 (購入時価格 ¥21,000(税別))

タミヤの1/6 オートバイシリーズにNo.29としてFLSTF ファットボーイが加わったのが1996年らしい。
その前は1980年に加わったNo.18 ハーレー・クラシック サイドカー。

何度か再販されたのか、再販されなかったのかは分からないが、たまに模型店を覗く程度ではハーレーのプラモデルを目にすることはなかった。
もっとも、いつ頃からかは分からないが、プラモデルを扱う模型店は減っていってたし、店はあっても場所をとる大スケールの製品を置いているところも少なくなっていた。

 

一方、中高年になって大型バイクに戻ってくるリターン組みはハーレー好きが多いのか、国内メーカーが力尽きたのか、いつのまにか大型バイクのシェアのトップはハーレーが占めるようになっていた。

その影響かどうかは・・一切・・わからないが、2013年からはタミヤ 1/6 オートバイシリーズに旧製品をリニューアルして新しく
No.37を振られた「ハーレー・ダビッドソン FLH クラシック ブラックバージョン」、
No.38 を振られた「ハーレー・ダビッドソン FLH 1200 ポリスタイプ」、
No.39を振られた「ハーレー・ダビッドソン FXE 1200 スーパーグライド」、
No.40を振られた「ハーレーダビッドソン FLH クラシック」
が続々登場。

見かけないと思ってい
たのに、いつのまにやらハーレーだらけ。
国産バイクは何処行った。

それまでは旧製品のリニューアルばかりだったのでモデルとなる車体も1970年代のものばかりであったが、ついに2013年11月にはNo.41として2013年型の「ハーレーダビッドソン FLSTFB ファットボーイ ロー」が登場。

 

こりゃ~、欲しい・・と思ったが、なんとメーカー希望価格のお値段は税別21,000円也。

ついにプラモデルも2万円を超える時代になってきたのか (@_@)
恐るべし。

リニューアルされた製品は高くても¥14,000~¥15,000くらい。

新しく型を起こした上、シリンダの放熱フィンは20枚積み重ねてクランクケースの4本のスタッドボルトに取り付けるなど実物の構造を意識した作り。

・・その結果2万円強 (@_@)

これまでの1/6スケールのシリーズのものでもサイドスタンドはスプリング付きの可動式、ブレーキペダルも同様に可動式というのはスタンダードとも言える仕様だった。

また、製品によっても異なるが、ハンドルやフェンダーなどに金属パーツを多用しているのも1/6スケールならでは。

タミヤ FLSTFB ファットボーイ ロー キット構成

今回はさらにミラーステーは金属製でボールリングが使用されているので角度調整が可能となっているそうな。
ハンドルバーも金属製で、完成後も角度の調整ができるらしい。

 

これまでも1/6スケールのバイクは何台か組み立ててきた。
確かに、サイドスタンドとメインスタンドがあるバイクではそれぞれが稼動式だと時折スタンドをかけかえて飾るとちょっと雰囲気も変わって良かった。

が、ブレーキペダルが稼動式でも指先で押して楽しむことはまず無かった。
だいたい、接着剤が経年劣化するのかどうかは分からないが、何年か飾ってあったものの稼動部といわれる部分をポチポチッと押すと部品が外れることが多いのは私のだけ?

バイクの模型をちょこっと移動させようとすると、だいたいミラーが取れたり、折れたり。

フロントフォークはバネ入りで実物どおりに稼動。
と、いったって、フォークがダンプするほどハンドルやらシートを押さえつけると決まってどこかの部品がバキッとなるのは私のだけ?

動きを見るならサイドカバーの部分を持ってそっと持ち上げて、前輪のシャフトの部分をそっと押してみて、「お~、動く動く」と感心して車体を置こうとしたら、サイドカバーが外れたり、スタンドが折れそうになったりするのは私のだけ?

おじさんの個人的な感想・・
ハンドル、シート、タイヤなどパーツ、パーツによって素材を使い分け、より実感的に見せるようにしてもらうのは大歓迎。
でも、ディスプレイモデルとして必要かどうかもわからない稼動部をやたら増やしたり、必要なのかどうなのかもわからないエンジンのスタッドボルトを入れてまで構成して部品点数を増やすのはちと勘弁。

凝るなら凝って、金属パーツをもっともっと全体的に多用して強度を強めた上であちこち稼動させるようにしたり、本物のような部品構成を再現して、作る時間と楽しみをグッと付加して、値段もグッと高くしてもいいんじゃないのけ?
そうしたら、完成後も手で持ち上げながら同好の士に「ここは、ああなっている、こうなっている」と説明しながら楽しめるし。

なんせ、完成してしばらく経ったプラモデルを持ち上げるのはおっかなびっくりなんだから。

 

一方、ディスプレイ用の「プラモデル」なら「プラモデル」で、稼動部やら内部の見えない部分は省略してもっと安価にし、塗装やらウェザリングを楽しめるようにしてもらえんじゃろか。
どうしても高いものなので、ちょこっと加工しようと思えるものじゃないから、カタログモデルをそのまま組み立てました、というものにしかならん。

なぜなら、おじさんは模型作りのテクニックも貧相で、オリジナルな発想で情景を再現できるような想像力を持ち合わせていないから。
・・・かといって、財力もないので何個も買えないから・・

 

恐るべしお値段は税別21,000円。
最近は家電量販店などもプラモデルを扱っており、大体2割引辺りが実勢価格のようだ。

されど、もうひとつ恐るべしはネット通販。
税込みで3割引以上の15,000円を切るところもチラホラあるようだった。

ウ~ム、これなら1/6バイクシリーズのストックの締めに買ってもいいかもしれない
・・な~んだ、色々言いながら、結局買ったんけ(^^;

・・まだ、再販されたのを見たことがないNo.18 「ハーレー・クラシック サイドカー」。再販されると結構お高そう。
再販されたら、買う気満々け!?
・・ひとまず、1/6バイクシリーズのストックの締めの「1個前」ということにしとこ。

1 2 3 12