老後の趣味

XJR1300 9回目の車検

XJR1300 9回目の車検

購入したのが1998年11年、なんと18年目になってしまった!!
 
数年前、XJRも10年を越えたのでボチボチ買い換えたいけど、欲しい!買いたい!と思うバイクがないなぁと思っていた頃、なんとまさかの急性心筋梗塞。
_| ̄|○ ガクッ
 
血液をサラサラにする薬が一生手放せないようだが、多々の事情により薬の量も多め。
昔なら唾つけときゃ治るくらいの傷でもいつまでも血がタラタラと流れ出て止まらない。
 
バイクで転倒してひどい擦り傷でもできたら血が止まらないんじゃないんだろうか・・
夏場でもちゃんとしたウェアを着ており、肌を露出したまま乗ってはいないが、何が元で怪我するかわからない。
車と違って生身の体が高速で移動してるんだから怪我のリスクは車より高いだろう。
 
ということで、たま~に近場をウロつくくらいしか乗らなくなった。
 
老後はハーレーで気ままにツーリングなんて思っていた時期もあったが、もう無理みたい。
 
なもんで、もうバイクの買い替えは・・なし・・。
ただ、最近の機械ものはなかなか壊れない。
XJR1300は18年たってゴム類などの劣化はあるが、まだ持ちそう。
どちらかというと、アタイの体の方が先に壊れますだ・・
 
 
XJR1300 9回目の車検
まぁ、持ち続けるなら車検を通しておかないと。

 

費用

OCR用紙代 ¥20
検査登録印紙代 ¥400  
審査証紙代 ¥1,300  
重量税 ¥5,000  
自賠責 ¥13,640  
整備   家にありあわせの油脂類のみ。
合計 ¥19,960  

 
 

目が・・

元々近視。
50歳の声を聞くか聞かないかの頃、眼鏡をしていると手元のものが見にくくなってきた。
眼鏡を外すと手元のものは問題なく見えるのだが、眼鏡をかけたり外したりがわずらわしい。
紐で外した眼鏡をぶら下げたりした頃もあったが、これも耳元がわずらわしい。
 
もっと歳をとったら手元の物が見えなくなって虫眼鏡のお世話になるんだろうか・・
人それぞれでいろんなパターンがあるんだろうけど。
 
ただ、見えにくくなるのは間違いないだろうという思いもあって細かいものは少しでもこなしておいた方がいいのかと思うようになった。
LQFP-48版 VS1911E
0.5mmピッチのICのハンダ付け。
ブリッジのチェックはさすがにルーペを使った。作業後の静的なチェックならデジカメ利用も有効。

 
 
老後作ろうとしてストックし続けているプラモデルやNゲージのレイアウト用部品。
それらにLED類で明かりをつけようと0.3mm~0.5mmの光ファイバーも購入済み。
LEDも0.8mm×1.6mmなどの小さいものも買い揃えている。
踏切警報機の侵入方向を示すLED用として1.0mm×0.6mmのものもストックしてある。
 
Nゲージレイアウト用交通信号機
0.2mmのポリウレタン線をハンダ付けしたり、それらをまとめて1mm径のパイプに通したり。

 
ただ、実際に歳を重ねていくと想像以上に目の焦点が合わなくなってきた・・
 
この年になっても乳歯も1本残っていたのだが、さすがに歯茎から浮いてきたので抜いた。
最近、別の歯が1本おかしくなりそうかなという気配。
 
 
ウ~ム、歳をとると目に来る、歯に来る、××に来ると聞いてはいたが・・・
まさか自分にも来るとは・・
 
他にもなかなか治らない関節痛とか・・
これが老いというものか・・というイヤな実感が。
 
「老後」。
字からすると老いた後・・
現在老いというものがジワジワと進行中なんだろうが、結構ショックはある。
その老いの後に来るのが「老後」というものか。お~~。
 
 
還暦とか年金受給開始というものを分岐点にして気持ち的には老後というものに突入するんだろうか。
まぁ、老い方は人それぞれ。気持ちの持ち方も人それぞれ。
 
とはいえ、老後の趣味としていろいろと細かな作業のあるものも準備してきたのだが、やる気があっても体がついてこないという現実が見え始めた今日この頃。
 
恐るべしは「老い」。
 
 
年老いて目や手先、手元がおぼつかなくなっても生きていりゃなんとか趣味は楽しめるかも。
心筋梗塞でも運が良けりゃ助かる。(2度目は無いかもしれないが。)
 
 
運が悪けりゃ・・
まぁ、「老後の趣味」「老後の楽しみ」なんて、歳をとる前から考えていても実際に歳をとると思い通りにはいかんというところ、今を楽しんだ方がいいんですかねぇ。(by キリギリス!?)


XJR1300 タイヤ交換

BT020

最近めっきりご無沙汰のバイク。
いざ、乗ろうというときのためにバッテリーの充電だけは欠かさずやっているのだが、一番の心配はタイヤ。

たまに乗ったとき、強めのブレーキをかけるとリアがツーッと滑る。
さすがに、こりゃ危ない。

前回交換したのが、2006年6月のハズ。
タイヤの刻印を見てみるとちゃんと06年の21週製造となっていた。

走行距離は伸びていないのでヤマはあるのだが、製造から9年が経過してゴムが硬くなっているようだ。

・・ということで交換することにした。
と、いってもこれは自宅ではできないので、ショップに依頼。

BT020
これまでついていたのはブリヂストンのBT020。

特にタイヤにこだわりがあるほどテクニックがあるわけではなく、こだわりがあるのは財布への影響度。

今回、BT020とBT016が同価格で売られていた。
本来ならBT016の方が高いらしい。

と、いうことで割引率の高さからBT016を選んだ・・
いいんです。あたいはそんな選び方でいいんです(^^;

メーカーのカタログによるとBT016は、「80’sカスタム車に最適なスポーツラジアル」となっている。

我が家のXJRはそこまで年代物ではないけれど、すでに17年となるミレニアム以前の’98年物。

いゃ~、もうそんなに古くなっていたんですなぁ。

もうバイクは買い換えることはないので(?)、これを乗りつぶすことになりそうですわ。

ブリヂストン BATTLAX BT-016 PRO
フロント

ペイントも綺麗な交換直後のタイヤ。

ブリヂストン BATTLAX BT-016 PRO
リヤ

ショップから家までの道のりは20km弱。
家に帰り着いた時点ではこのペイントは消えていなかった・・
翌日、20~30kmほど走って消しておいた(^^;

まぁ、いくら鈍感とはいえタイヤを交換した後の乗り心地がいいのはよくわかる。
いゃ~、いいもんですわ。

今回買ったタイヤの製造時期はフロントは今年の38週、リアは40週。
だいたい9月から10月頃か。
長期在庫ではなく、出荷後間もないタイヤであった。

タイヤの製造年の刻印
ちなみに、タイヤの製造時期は側面に刻印されている4桁の数字。
下2桁が製造年、上2桁がその年の第何週に製造されたかを表している。

…3桁の場合、そのタイヤは2000年よりも前に製造されたもの。
すでに15年以上経過しており、結構劣化しているかも。

ウインカー 球切れ

車検をとって3日目のXJR1300。
久々に乗ってみることにした。

途中で右側のウインカーのインジケータの点滅速度がやたら速いのに気がついた。
右側の前のウインカーがついていなかった。

やれやれ、車検当日でなくてよかった。
XJR1300ウインカー

バルブは12V-21W。
買ってこなくちゃ。

XJR1300 7回目の車検

数年前は新しいバイクが欲しいなぁと思った時期もあったが、今はすっかりその熱もさめ、それ以上に昨年、今年とほとんどバイクに乗る機会すらなかった。

そんな中で迎えたXJR1300の7回目の車検。

先日、洗車と一通りのチェックをやって、車検場の予約もやっておいた。

車検場の予約は以前は音声応答による電話予約であったが、今年の春にうけたW400の車検の時にはインターネット予約になっていた。

これだと、空きの状況も分って便利。
二輪の場合、雨の中を車検にでかけるのも億劫だから天気予報を見ながらの予約となるが、電話予約だと空きが分らず、入力のやり直しが不便。

前回の車検のときは車検場の工事のために混雑して予約がとれなくなっていたが、…空き状況を見るとずっと空きだった。

で、昨日の木曜日にいざ、車検。

重量税の印紙や用紙を購入し用紙に記入して受付、9時にラインに並ぶ。

灯火類のチェック、打音検査に続いて、マフラーを交換しているということで音量チェック。

テスターに乗って、メーター、前後のブレーキのチェック後、最後のヘッドライトの検査。

何度やっても緊張するなぁ、と思いながら結果を見ると「もう一度」の表示。

あちゃ~、と思って、一回シートに座りなおしてハンドルをこちょこちょとひねって体制を立て直す。
アイドリングを低めにしているのでちょっと回転を上げてみた。

ふたたび検査の機械がチョコチョコ動いて・・・「●」。

一安心。

今回から車検証が水色系の用紙に変わっていた。

いつもなら、ここで記念撮影をするのだが今回はデジカメを忘れたのでパス。
帰って気がついた。携帯にもカメラついてるんだった。

ちなみに、今回車検場でバイクは一台も見かけなかった。
いつもなら、所要時間30分以内といえど、数台は見かけていたのだが。

費用

OCR用紙代 ¥20
検査登録印紙代 ¥400
審査証紙代 ¥1,300
重量税 ¥4,400  
自賠責 ¥14,110 前回は¥13,400
整備  
今回は家にありあわせの油脂類のみ。
オイルは本格的に乗る春ごろ交換・・か?
合計 ¥20,230  

久しぶりにバイクに乗ったが、一度でかけるとそのままズズッ~と走りたい気持ちになる、「ひきこもりおじさん」なのであった。

XJR 6回目の車検

XJR1300、いよいよ13年目に向けての車検。
整備はほどほどにやったので、いざ車検の予約を、と月曜日に電話をする。
ところが、ずっと一杯で、予約を取れたのが金曜日。
こりゃ~ヘッドライトの検査で引っ掛かったら時間がかかるかもと思い早めに出発。

重量税の印紙や用紙を購入して、開始時刻の8時45分にラインに並ぶ。
習志野検査場は自動車用のラインが5本、二輪用が1本。

ところが、自動車用のライン2本が工事中。
こりゃ~混むはずだわ。

二輪車のトップとして、検査官の登場を待つ。
いつものように、灯火類のチェック、打音検査に続いて、マフラーを交換しているということで音量チェック。
これまた、いつものように恐る恐る4,000rpmまでエンジンを回す。

無事通過。ひとまずホッと一安心。

テスターに乗って、メーター、前後のブレーキをチェックをすませ、いよいよヘッドライトの検査。
...ドキドキするなぁ~。
前回、ライトの検査は3回までと言われているのでプレッシャーが..

ちょっと回転を上げて検査の機械がチョコチョコ動いているのを見ていた。
結果は一発合格。

いや~、良かった良かった。

9時10分には新しい車検証を手にしていた。

XJR1300 車検場にて

費用

OCR用紙代 ¥20  
検査登録印紙代 ¥400  
審査証紙代 ¥1,300  
重量税 ¥4,400  前回は¥5,000だった
自賠責 ¥13,400  
整備 ざっと¥22,000  

ショップで、オイル、エレメント交換、チェーン張り
自分で、リアブレーキパッド、プラグ、ブレーキフルード、クラッチフルード交換等
合計 ¥41,520  
1 2 3 5