GT125 エンジンを洗おう

GT125 1号機のエンジン。
 
泥だらけになっていたのが気になっていたので洗おうと思った。
 
しかし、粘土質のような泥がこびりついていて、簡単には洗い流せなかった。
 
ポイントカバーなども痛みが激しいし、ネジ類も結構錆びてきている。
 
ということで、バラして洗うことにした。
 
..なんでもバラしたくなるのは癖である。
 
GT125 ラムエアヘッド
 
ヘッド部を洗い油に浸け置きして洗い中。
 
 
 
GT125 ラムエアヘッドを外す
 
シリンダ部をひとまずガムテープで覆い、エンジン本体を洗い始めたが、なかなか綺麗にならない。
 
..このまま放置か!?


2号機 シートベース塗装

このバイクのシートは、型くずれややぶれもない綺麗な表皮であった。スポンジも結構堅く、座り心地も良好である。
しかし、シートベースにはうっすらと錆が発生しつつあった。これ以上の錆びを防止するため軽く錆を落として塗装しておくことにした。
 
シートの縁取りのモールと表皮を取り、シートベースにサンドペーパーをかけ、簡単に塗装。
私としてはせっかくバラしたのだから時間をかけて丁寧に仕上げたかったが、長期間外していると子供が乗れない..
 
スポンジは細部を見ると少しくたびれていたが、まだまだ大丈夫そう。
さすがにゴム類は硬化しているが、パーツも入手できそうもないのでこのまま我慢。
モールを止めるアルミリベットは本来ならモールを外すときに留め具で傷がつくので交換したいところであるが、代替品が見つからず傷をヤスリで補修して再使用。
 
粗めのサンドペーパーでこすった後、仕上げをさぼってしまったので塗膜は綺麗ではないが、当面は錆の心配はないだろう。
ついでに、リアフェンダーも外して掃除をしておいた。さすがにフェンダーの内側には錆びが出ている。
息子が乗らなくなったら、じっくりと仕上げよう。

GT125 4型シート 表皮、クッション共に良好。
とはいえ、スポンジの下部のモール周辺は少し傷みはじめているようだ。
塗装したGT125 4型シートシートベース 塗り上げて半年後に写真を撮ってみた。
中央は塗装が薄いのじゃなくて、くぼんでいる部分なので光りの反射のせい。
 
シートベルトやヒンジの止めネジはステンレスのものに交換。
とりあえずは当時の状態で保存するより、今綺麗な状態で乗れることを優先。

GT125のフレーム

2台のGT125は今のところバラバラにして保管状態。
 
フレームはそれぞれ青いビニールシートに包んで、さらに雨水が入り込まないようにビニールの袋に入れてベランダにおいていた。
 
ところが最近外の袋がバリバリに割れてついに朽ち果ててしまった。
 
GT125 ビニールシートに梱包
 
いや~、紫外線の力はすごいもんですな。
 
フレームが朽ち果てる前に直さなくちゃ。
 
ちなみに持っているフレームは2型と4型であるが、シートロックの取り付け位置など若干の違いがみられる。
 
2型と4型の違い
 
グラフィックパターンの違い
 

メインスタンド、ステップの塗装

=2007/03=
 

GT125 メインスタンド CB750を組み直したときにメインスタンドやサイドスタンドの塗装用として使ったシャシーブラックが使い切れずに残っていたのでGT125のスタンド類を塗装することにした。
 
ひとまず灯油で洗って塗装が浮いているところは容赦なくワイヤブラシでゴシゴシと落とす。
スタンドなので塗膜に多少段差があってもいいでしょうということで下地作りそこそこに..というか、下地は一切作らず塗装にはいる。
 
丁寧に仕上げる人は見えない場所にもこだわるんでしょうが、ワシは最近こだわらなくなりました。
こだわってもうまくできないから..
シヤシブラックで塗装 塗装中。
ステップとサイドスタンド マスキング 続いてステップとサイドスタンドの塗装をするためステップのラバーとサイドスタンドのスプリングをマスキング。
シヤシブラックで塗装 塗装完了。
 
ステップのバーは4つのゴムブッシュを介してフレームに取り付けることになる。
 
最近のバイクではサイドスタンドはフレームについてるのが多いけど、GT125のサイドスタンドはこのステップバーについており、サイドスタンドをかけるとゴムブッシュに負担がかかることになる。
 
ゴムブッシュが劣化するとサイドイタンドをかけたときにバイクがグイッと倒れ込んでくるようになる。
 
ゴムブッシュは交換しておきたいところであるし、長期間止めたままにするときはメインスタンドを使うべきだろう。。
1 2 3 9