老後の趣味

XJR1300 9回目の車検

XJR1300 9回目の車検

購入したのが1998年11年、なんと18年目になってしまった!!
 
数年前、XJRも10年を越えたのでボチボチ買い換えたいけど、欲しい!買いたい!と思うバイクがないなぁと思っていた頃、なんとまさかの急性心筋梗塞。
_| ̄|○ ガクッ
 
血液をサラサラにする薬が一生手放せないようだが、多々の事情により薬の量も多め。
昔なら唾つけときゃ治るくらいの傷でもいつまでも血がタラタラと流れ出て止まらない。
 
バイクで転倒してひどい擦り傷でもできたら血が止まらないんじゃないんだろうか・・
夏場でもちゃんとしたウェアを着ており、肌を露出したまま乗ってはいないが、何が元で怪我するかわからない。
車と違って生身の体が高速で移動してるんだから怪我のリスクは車より高いだろう。
 
ということで、たま~に近場をウロつくくらいしか乗らなくなった。
 
老後はハーレーで気ままにツーリングなんて思っていた時期もあったが、もう無理みたい。
 
なもんで、もうバイクの買い替えは・・なし・・。
ただ、最近の機械ものはなかなか壊れない。
XJR1300は18年たってゴム類などの劣化はあるが、まだ持ちそう。
どちらかというと、アタイの体の方が先に壊れますだ・・
 
 
XJR1300 9回目の車検
まぁ、持ち続けるなら車検を通しておかないと。

 

費用

OCR用紙代 ¥20
検査登録印紙代 ¥400  
審査証紙代 ¥1,300  
重量税 ¥5,000  
自賠責 ¥13,640  
整備   家にありあわせの油脂類のみ。
合計 ¥19,960  

 
 

目が・・

元々近視。
50歳の声を聞くか聞かないかの頃、眼鏡をしていると手元のものが見にくくなってきた。
眼鏡を外すと手元のものは問題なく見えるのだが、眼鏡をかけたり外したりがわずらわしい。
紐で外した眼鏡をぶら下げたりした頃もあったが、これも耳元がわずらわしい。
 
もっと歳をとったら手元の物が見えなくなって虫眼鏡のお世話になるんだろうか・・
人それぞれでいろんなパターンがあるんだろうけど。
 
ただ、見えにくくなるのは間違いないだろうという思いもあって細かいものは少しでもこなしておいた方がいいのかと思うようになった。
LQFP-48版 VS1911E
0.5mmピッチのICのハンダ付け。
ブリッジのチェックはさすがにルーペを使った。作業後の静的なチェックならデジカメ利用も有効。

 
 
老後作ろうとしてストックし続けているプラモデルやNゲージのレイアウト用部品。
それらにLED類で明かりをつけようと0.3mm~0.5mmの光ファイバーも購入済み。
LEDも0.8mm×1.6mmなどの小さいものも買い揃えている。
踏切警報機の侵入方向を示すLED用として1.0mm×0.6mmのものもストックしてある。
 
Nゲージレイアウト用交通信号機
0.2mmのポリウレタン線をハンダ付けしたり、それらをまとめて1mm径のパイプに通したり。

 
ただ、実際に歳を重ねていくと想像以上に目の焦点が合わなくなってきた・・
 
この年になっても乳歯も1本残っていたのだが、さすがに歯茎から浮いてきたので抜いた。
最近、別の歯が1本おかしくなりそうかなという気配。
 
 
ウ~ム、歳をとると目に来る、歯に来る、××に来ると聞いてはいたが・・・
まさか自分にも来るとは・・
 
他にもなかなか治らない関節痛とか・・
これが老いというものか・・というイヤな実感が。
 
「老後」。
字からすると老いた後・・
現在老いというものがジワジワと進行中なんだろうが、結構ショックはある。
その老いの後に来るのが「老後」というものか。お~~。
 
 
還暦とか年金受給開始というものを分岐点にして気持ち的には老後というものに突入するんだろうか。
まぁ、老い方は人それぞれ。気持ちの持ち方も人それぞれ。
 
とはいえ、老後の趣味としていろいろと細かな作業のあるものも準備してきたのだが、やる気があっても体がついてこないという現実が見え始めた今日この頃。
 
恐るべしは「老い」。
 
 
年老いて目や手先、手元がおぼつかなくなっても生きていりゃなんとか趣味は楽しめるかも。
心筋梗塞でも運が良けりゃ助かる。(2度目は無いかもしれないが。)
 
 
運が悪けりゃ・・
まぁ、「老後の趣味」「老後の楽しみ」なんて、歳をとる前から考えていても実際に歳をとると思い通りにはいかんというところ、今を楽しんだ方がいいんですかねぇ。(by キリギリス!?)


チークパッド

ヘルメット

ザクのプラモデルを作りたくなるような気になってくる・・

2~3年前?(もっと前?)にヘルメットを買い換えた。
ちょっと頬の部分がきついかなと感じたが、その他の部分は特に問題はなかったので、すぐに馴染むだろうと思っていたのだが。
バイクにのる時間がめっきり減ってヘルメットもかぶらないもんだから、一向に馴染まない。
 
1時間もかぶっていると結構頬が痛くなって具合が悪い。
 
やはり、買い換えたほうがいいかなと思いメーカーのホームページを見てみた。
 

これまではショップに出向き、そこに在庫があって試着できるもの、予算に合うものを選んでいたのでホームページなんか見たことなかった。
 
そしたら、ちゃんと交換用の内装なんか売ってるんですねぇ。
 
頬当ての部分・チークパッドにもいくつかオプション設定があるみたい。
厚みが違うもの、ソフト、ハードなどとヘルメットによってラインナップが異なっているようだ。
 
私のヘルメットの場合、3種類の厚みが用意されているようで、標準のものが35mm。
これより薄いものは31mmのものがあるようだ。

 

チークパッドを外す
ひとまず、今のチークパッドを外して確認してみる。

チークパッド
フムフム、35mm。

購入したチークパッド
で、厚みの薄い31mmのものを購入。
4,900円也。
ただし、送料、代引き手数料着払いの扱いのみ。
 

私のは在庫がなかったようで納入までに約1ヶ月半ほどかかった。

チークパッド
35mm VS 31mm

チークパッド
こうしてみると厚みの差がよくわかる。

頬の部分が左右で8mm広がった訳であるが、効果の方は如何に。

 
たのんだときはまだ暖かかったけど、今はちょっと寒い。
出かけるのは暖かくなってからにしよう・・

XJR1300 タイヤ交換

BT020

最近めっきりご無沙汰のバイク。
いざ、乗ろうというときのためにバッテリーの充電だけは欠かさずやっているのだが、一番の心配はタイヤ。

たまに乗ったとき、強めのブレーキをかけるとリアがツーッと滑る。
さすがに、こりゃ危ない。

前回交換したのが、2006年6月のハズ。
タイヤの刻印を見てみるとちゃんと06年の21週製造となっていた。

走行距離は伸びていないのでヤマはあるのだが、製造から9年が経過してゴムが硬くなっているようだ。

・・ということで交換することにした。
と、いってもこれは自宅ではできないので、ショップに依頼。

BT020
これまでついていたのはブリヂストンのBT020。

特にタイヤにこだわりがあるほどテクニックがあるわけではなく、こだわりがあるのは財布への影響度。

今回、BT020とBT016が同価格で売られていた。
本来ならBT016の方が高いらしい。

と、いうことで割引率の高さからBT016を選んだ・・
いいんです。あたいはそんな選び方でいいんです(^^;

メーカーのカタログによるとBT016は、「80’sカスタム車に最適なスポーツラジアル」となっている。

我が家のXJRはそこまで年代物ではないけれど、すでに17年となるミレニアム以前の’98年物。

いゃ~、もうそんなに古くなっていたんですなぁ。

もうバイクは買い換えることはないので(?)、これを乗りつぶすことになりそうですわ。

ブリヂストン BATTLAX BT-016 PRO
フロント

ペイントも綺麗な交換直後のタイヤ。

ブリヂストン BATTLAX BT-016 PRO
リヤ

ショップから家までの道のりは20km弱。
家に帰り着いた時点ではこのペイントは消えていなかった・・
翌日、20~30kmほど走って消しておいた(^^;

まぁ、いくら鈍感とはいえタイヤを交換した後の乗り心地がいいのはよくわかる。
いゃ~、いいもんですわ。

今回買ったタイヤの製造時期はフロントは今年の38週、リアは40週。
だいたい9月から10月頃か。
長期在庫ではなく、出荷後間もないタイヤであった。

タイヤの製造年の刻印
ちなみに、タイヤの製造時期は側面に刻印されている4桁の数字。
下2桁が製造年、上2桁がその年の第何週に製造されたかを表している。

…3桁の場合、そのタイヤは2000年よりも前に製造されたもの。
すでに15年以上経過しており、結構劣化しているかも。

ヴォクシーのカーステ交換

最近、バイクも車もほとんど乗らなくなったけど、一応車検は受けとかなくちゃいざという時乗ることもできないただの箱。
もう何年選手かも忘れた我が家のヴォクシーだけど、ほとんど乗らないし、これがいいという車も見かけないので買い替える気にもならない。

たまに街中で昔乗っていた一世代のライトエース・ノアや、その前に乗っていた二世代前のライトエースを見かけることもある。

昔は7~8年置きに買い替えていたけど、もうそんな時代じゃないんだろうし。
やっと最近は壊れていなけりゃ乗り続けりゃいいという心境になってきた。
逆に一番最初に買ったセリカLBが欲しいくらい・・イカン、イカン、なんでそんなん買いたがるんじゃ(^^;

それにしても、重量税。
13年や18年経過するとなんで高くなるんじゃ?
環境に負荷が高いからというが・・
13年、18年乗っているということは、大切に何十万キロも乗るパターンもあるだろうけど、我が家みたいに年間数百キロしか走らない場合もある。
最新のハイブリッド車で年間数千キロ走る車より排ガスは少ないんじゃないけ?
しかも、車も一台をずっと使っているわけだから、この期間で2台、3台と乗り換える車の分の素材や加工のための工場の稼働エネルギーも節約してエコに貢献しとるんじゃないけ?

新しい冷蔵庫やエアコンは節電になるとは思うが、乗る頻度が少ない車を大切に乗ってちゃ反エコなんけ?

車が売れず、経済成長には反するかもしれんけど、トータルでは環境負荷削減に貢献しとらんけ?

・・まぁ、とりあえずは車検受けなきゃ乗るに乗れん、というところに話を戻そう。

今年の車検はエンジンオイル、ブレーキフルードなどの油脂類、バッテリー交換などやっておいた。

事前に、古くなってひび割れが出てきたタイヤの交換もやっておいた。

ちなみに、あとは以前から調子の悪かったカーステレオも交換しておいた。

以前のカーステレオは通常の操作の他に細かな設定をしたりCDを交換するときは操作パネルがスライドするタイプ。
いつも操作パネルをオープンにしていたので車のキーをオンにしてカーステの電源が入るとパネルがスライドし、キーをオフにするとパネルが閉じていた。

この繰り返しのため操作パネルと本体の間のフラットケーブルが割れて接触不良となり、パネルを開くと操作ボタンが効かなくなっていた。
パネルを閉じた状態だと操作できるのだが、間違ってパネルをオープンすると操作ができない。で、車のキーをオンにしてパネルがスライドする前にクローズのボタンが押せればしめたものだったが、やっぱ・・操作性か悪いというかなんというか(^^;

やっぱ、機械的な動作も少ないシンプルな構造が一番ですなぁ。

たまにしか乗らないからといっても、やっぱ音楽が欲しいということで取り換えることにした。

カーパーツショップで特売品の6,980円のカーステを発見。
ただ、取り換え工賃が3,240円~。

ウ~ム、自分で取り換えよう。

センターコンソールの樹脂製のパネルは爪で引っかかっているだけだが、引っ張り出すには運転席と助手席にあるコンソールのふたが邪魔になる。
これはねじ止めされている。
あとはシフトノブが邪魔するので一番下まで移動しておいてセンターコンソールのパネルの隙間に指を差し込みながら爪を外していく。

voxyセンターコンソールのカーステ
元のステレオが姿を現したときにいきなりコードは外さず、新しいカーステのコードを比較。

元のステレオの電源ラインにはヒューズが入っていた。
新しいカーステには電源ラインにはヒューズを入れてと・・・説明書きが入っていた。安いんですから・・

指定容量が同じだったので昔のヒューズを使うことにして若干配線の加工をした。

voxyセンターコンソールのカーステ
で、新しいカーステを接続。

工賃3,240円節約。

早速新しいCDを焼いて試聴。
ウン? 曲のタイトルの表示が・・・
何々、日本語未対応ですか。安いんですから・・

まぁ、今度のはCDだけじゃなくipodやUSBメモリも使えるんだから前のより使い勝手はいいかも。

・・ipod持ってないや・・

1 2 3 60