CB750レストア

CB750

レストア(エンジン内部以外)

2005年10月、メインハーネスがどうもショートしたらしい。
メインハーネスを交換するついでに集めておいたパーツも取り替える大規模なレストアとなってしまった。
ただし、先立つものの都合でエンジン内部には手をつけられなかった。


=2004/01/18=

コンセプト

2003年4月に購入したCB750。 乗る時間がとれず、年末までの8ヶ月間の走行距離わずか1,000km。
4ヶ月目にバッテリートラブルでエンジンがかからなくなったが、バッテリーを交換した後は大きなトラブルもなく..と思いきや、年末にキャブのオーバーフローを発見。
また、雨風にあてた時期もあり、ところどころに錆びも出てきたような、前から錆びてたような。

納入直前にいくつかのパーツを集めていたが、歳をとった時に綺麗なバイクに仕上げて眺める夢のため外装が中心だった。
しかし、もう少し走ってもらわねばならないので、修理を行うための機能部品も故障にあわせて随時調達しなくちゃ。

修理、レミレストアにあたってのコンセプトは、と構えるほどの大それたものはもっていないが、

・私の中のCB750のイメージを崩さないこと
・「社外品です」と一目でわかるパーツ類は取り付けない
・全ての保有パーツを交換するのではなく、当面は走らせることを優先
・残パーツは乗らなくなった時点で交換し、ながめてうっとり

ということを基本としようと思っている。しかし、思っていることとやっていることがあわないことは多々ある。(^^ゞ

私の中のCB750のイメージとは、K0~K6まで踏襲されたスタイルであって、K0、K1など特定の年式モデルに限ってはいない。
K0だけがもつサイドカバーの形状に固執するわけでもなく、K0~のシンプルなタンクのカラーリングも良いが、K4、K6のタンクのカラーリングだってそれなりに好きだ。
つまり、だれが見ても、「お~、ホンダのナナハン」とわかればそれで良いという感じでとらえている。

従って、CB750通の人からみたらすぐに、ここはK1、ここはK4、な~んだパーツの寄せ集めじゃないかと言われるかもしれないし、K0ならK0、K1ならK1に統一したらと思われるかもしれない。

が、ここは私の気持ちの思うままに..財布と相談して..決めていこう。

ちなみに、修理ついでにセミレストアをやっていたら乗る時間がなくなるのも事実であるが、そこは趣味の問題。
カタナ号やXJR号などの大掃除をやった時などかなりの部分を分解していった。

そう、機械いじりも楽しいものだ。これもまた趣味のうち。

ただし、命を預けるバイクをいじるのだから慎重にやらなくちゃ。

   
 
再塗装
 

再塗装

2004/09~2005/03

       
 
メーター オーバーホール
 

メーター オーバーホール

2004/01~資金難..
メーターパネルが購入できず
やむなく一時中断

結局ショップでレストアしたものをつけた

       
 
キャブレター オーバーホール
 

キャブレター オーバーホール

2004/01~2004/04

その他の記録はこちらの「CB750レストア」から。

 


試運転

2006年4月30日

昨日は雨のため試運転できず、今日に持ち越し。
とりあえず昼までテレビでも見て..

いざ、出発であるが、念のため持ち物は工具色々。ただし、同行するおかーちゃんのリュックの中であるが..

エンジンの始動性は非常に良くなった。
ちょっとの間、おっかなびっくりで走るが、特に問題らしきものは見あたらず、出だしは好調。

しばらく走ってエンジンが熱を持ち出すと1,000prmだったアイドリングが1,800rpmくらいまであがってきたので1,000rpmくらいに戻す。

2,000rpmまでは非常にもたつく感があるが、それ以上回すといい感じで回ってくれる。

渋滞にはまってエンジンがあつくなると途端にニュートラルに入りにくくなるのは以前からの症状。
また、エンジンが熱くなると3~4,000rpmあたりをキープして走るとパラパラと同調が崩れた感じになる。
今回はエンジン周りでいじったのはキャブのメインジェットのみ。つまり、エンジンの調子が悪くなってきてるのか..

エアスクリューを回して回転が高くなるところを探して調整してみようと試みるが、そのうちアクセルを戻すとポンポン音がするようになってきた。
やらなきゃよかった(x_x)
家に帰って規定値に戻そう。

1~2時間走ったら、フロントのブレーキあたりからカラカラと音がするようになってきた。
ブレーキレバーを握るとしばらくは静かになる。

片押しのパッドであるが、キャリパーアームが車体になじんできてちょっと隙間が空きすぎたようだ。
これもネジを締めて隙間を調整したら音はしなくなった。

ちょっと一休みして写真撮影。

HONDA CB750

HONDA CB750

HONDA CB750
写真を撮り終わって帰ろうとしたら..セルが回らなかった。
家の充電器で充電した時、メーターの振れ具合からバッテリーは危ないと思っていたので特にパニックには至らず想定内..

ただ、今のバイクと違ってキックがついているのが便利なところ。軽くキック一発でエンジン始動。
(まあ、セルが回りゃぁキックはいらないんだろうが)
試運転は無事完了したが、キャブの調整とバッテリーの新調が必要みたい。
その後、2回休憩したがセルは回らずじまい。また、出費がかさむ?

本日の走行距離 91km。

落下した部品は..たぶん..無い..と思うんだけど。
そうそう、まだリヤステップつけてないんだった。色も塗ってる途中だし..

マフラー取り付け

フロント、リアタイヤがついて、大物の最後、マフラーの取り付けをした。
メッキの艶が引けてきているので新品のマフラーである。
CB750マフラー

モトメンテナンス誌によるとエキパイの内部にはジンクのスプレーを吹いておくとさび止めになるらしい。
ジンクコート

やっぱ、CB750といえば4本出しのマフラー・・ええなぁ~
CB750マフラー

これで、ほぼ大物部品の取り付けは終わった。

エンジンオイルを入れればいよいよエンジンの始動ができそうである。

1 2 3 12
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト