Google検索

最近の独り言

漫画トレース用の素材・机

学習机

娘の小学生の頃からの趣味は漫画を描くこと。
現在も結構書いているようだ。

小学生の時はトレースなどにタカラトミーの「スララ」とか、・・商品名は忘れたが・・乳白色のアクリル板の下から照明をあててとかいうものを使っていたが、その後環境はパソコンにタブレットをつないでいた時代を経て、数年前からはタブレットも液晶タブレットにバージョンアップ。
本格的じゃん。

いまだに、娘と一緒におじゃる丸を見ている変な父娘であるが、おじゃる丸に登場する「うすいさちよ」。
28歳独身、売れない少女漫画家。いつの日か一発当ててお城のような家に住み・・・
我が家の娘も一発当てて親にいい車でも買ってはくれまいか・・

そう、「うすいさちよ」を目指して。
いや、この場合うすいさちよを目指すんじゃなく、漫画家を目指してもらわないと困るのか!?

娘の歳?バラしたら殴られます・・たぶん。

絵を描くためのソフトはCLIP STUDIO
ちなみに、このソフトのインストール、液タブの設定などはアタイの仕事でした。爺やは頑張ってます。

CLIP STUDIOでは自分で作ったり、販売されている3Dの素材を元に角度を変えたりしてトレースすることもできるらしい。
ということで、教室の机とか椅子の素材を買って使っているようだが、ドアや窓の開け閉め、何個もある机や椅子を1つずつ向きを変えたり移動したりもできる。ほ~。それで1,000円也。

で、娘から「学校以外のものも同じように作れる?」というおねだり?が。
今恩を売っとけば、車は買ってもらえなくても老後の面倒でも見てもらえる特典があるのか?

調査開始

CLIP STUDIOで読み込める3Dデータは、
FBX、LWO、LWS、OBJ、C2FR/C2FC、6KT、6KH、PEP
など。

6KT、6KHは六角大王が出力するファイル。
なんと六角大王はクリップスタジオを販売している株式会社セルシスが買収したみたいだ。

ちなみにアタイがモデラで切削するためのstlファイルを作成するためにメインで使用しているのがキヤノンITソリューションズが扱っている「TurboCad v15」。
10年くらい前に六角大王は試してみたことはあるがアタイの目的とするものが作れないため試してみたことはあるが使ってはいない。

TurboCadで出力が可能で、CLIP STUDIOで読み込み可能なファイルはOBJだけ

そこで、これまでモデラで切削するために作ったデータをOBJにしてCLIP STUDIOで読み込んでみた。

10個くらい試してみて結果は1つのみCLIP STUDIOに読み込むことができたが、その他はことごとくCLIP STUDIOが強制終了してしまった。
CLIP STUDIOは娘のパソコンにしか入っていないので娘に読み込みを試してもらったのだが、「パソコン壊れない?」と言われた。
・・さぁ。

ウ~ム。
TurboCAD v15で作成したSTLでモデラは動かせたのだが。
TurboCADで作成するOBJに方言があるのかそれともバグか。1つだけCLIP STUDIOに読み込むことができたのも気になるところ。
TurboCAD v15というソフト、今調べると2011年頃の発売で価格は定価で98,000円。
個人で買うには安いと言えるものではないが、高価なCADが軒を連ねていた時代の中では安かった。

ただし・・
このTurboCAD、3Dの処理をしようとするとしょっちゅう落ちまくるというものでお世辞にもいいソフトとは言えなかった。
なので、例えば3Dのエッジ処理をしたら、エッジ処理後という名前でセーブ、結合したら結合後という名前でセーブというようにものすごい数のバックアップファイルを作りながら処理をしていた。何しろ、いつ落ちるかわからない不安定さ。
趣味でモデラのデータを作るために使っていたので我慢していたが、業務ではこれで使用に耐えられるのか?という製品だった。
現在もTurboCAD v2015という名前で販売されている。我が家のに「20」が余分についている。

安値のサイトでStandard版約3万円、Professional版約7.8万円。
ひとまず・・買えない。

じゃ、六角大王は?
お試し版をダウンロードしてみたが、どうも机とか椅子などいろんなものを作成するようなソフトではなさそう。

その他無償お試し期間があるソフトがあるので試してみるのはいいけど、結構お高い。
いいソフトだからといって無償期間が終わったあとお気軽に製品を買うことはできない。
しかも、娘の趣味の漫画のトレースの素材を作るのに数十万円かかったり、毎年ウン万円のライセンス払うものだったりは買えんでしょう。

ファイルのフォーマット変換
TurboCADから直接CLIP STUDIOに読み込めるものを作ることができないとなると次に考えられるのはファイルのフォーマット変換。
TurboCADから出力したファイルを一旦別のソフトに読み込み、そこから出力したものをCLIP STUDIOに読み込ませる。

フリーのCADを調べたら「DesignSpark Mechanical」というのがあった。
「DesignSpark Mechanical」で読み込めるファイルはECAD(idf、idf、emm)、OBJ、SketchUp(skp)、STLなど。
ただ、いくつかの形式で出力はできるのだが、DesignSpark Mechanicalで出力し、CLIP STUDIOで読み込めるのはOBJだけ。

DesignSpark Mechanical
とりあえず、インストールしてみた。

TurboCAD v15で作成したOBJを読み込ませたところエラーとなってどのファイルも読み込むことはできなかった
CLIP STUDIOのように強制終了することはなかったが、どのファイルもエラーとなった。
(CLIP STUDIOで唯一読み込めたファイルは試しいてないが。)

TurboCAD v15で出力でき、DesignSpark Mechanicalに読み込めるファイルにはSTLもあった。
そこでSTLを試したところちゃんとDesignSpark Mechanicalに読み込めた。
学習机
色はつかない。

学習机

学習机

これをDesignSpark MechanicalでOBJとして出力しCLIP STUDIOに読み込ませると・・
お~、読み込めた!

CLIP STUDIO側でちゃんと回転させたりすることもできた。

じゃ、複数の机を描いた1ファイルをCLIP STUDIOに入力にしてそれぞれの机を1つずつ移動させられるのか?

考えられるのはレイヤーを分けること。

TurboCADで2つのレイヤーにそれぞれ机を配置してSTLファイルを作成し、DesignSpark Mechanicalに読み込ませる。
・・1つのレイヤーに配置された。ガク_| ̄|○

2つ見えている机のうち、1つの机をコピーし、新しいレイヤーを作成して貼り付けたところ机2つとも貼りつき、合計4つの机になった。ガク_| ̄|○

詳しくはしらないけど、そもそもSTLファイルの名称の由来は光造形法を意味するStereolithographyからきてるらしい。
STLのデータは主に光造機やプリンタ、プロッタなどの出力機器にかませるためのもの。ファイルはレイヤーなんぞの概念を保存するものではない?

DesignSpark Mechanicalでファイルを編集中に別のファイルを挿入する機能があった。
ただ、これだと希望する位置に配置していくのが結構面倒そう。
とはいえ、本来はこの機能を使っていろんなパーツを基板上に配置したりするような使い方をするみたい。

最初からDesignSpark Mechanicalだけで作ればよいことなのかもしれないが、新しいものを習得するのが億劫な年ごろの爺なのです・・

TurboCAD v2015
ちなみに、TurboCAD v2015も30日間無償で使える体験版があった。
やはり、気になるのがTurboCADのOBJに方言があるのかv15にバグがあるのか。

インストール済みのv15に影響があると思うので別のPCにv2015体験版をインストールしてみた。
・・こうしていろんなものをインストールしてレジストリが汚れて肥大化していくのであった・・
TurboCAD v2015で既存のファイルを読み込んでOBJを作成してみると、
CLIP STUDIO -> 落ちた
DesignSpark Mechanical -> 読み込めなかった

ずっとOBJファイルの作成にバグを持っているとは考えにくい。
やっぱ、方言を持っているのではなかろうか。
(v15の品質を思うとやっぱバグかも?)

TurboCAD v2015では出力ファイルにSKPファイルが増えていた。これはDesignSpark Mechanicalでも読み込める形式。

SKPファイル読み込み
試してみると・・・1つのレイヤとして読み込まれた。
結合していたパーツはそれぞれ個別のソリッドになっていた。

DesignSpark Mechanical

それらは組み合わせコマンドで1つにすることができた。
また、STLファイルを読み込んだ時と違い机1つだけ別レイヤに移動することができた

学習机
複数のレイヤーに配置した状態でOBJとして保存し、CLIP STUDIOに読み込ませるとそのレイヤーの部品ごとに回転や移動といった操作ができる。

これならTurboCAD v2015で作図してSKPファイルとして出力、DesignSpark Mechanicalに読み込んでレイヤー配置を見直してOBJファイルとして出力、CLIP STUDIOに読み込み、という手順でできそうだ。

が、TurboCAD v2015はStandard版で約3万円、Professional版で約7.8万円。
アタイはモデラのデータを作るには今持っているバージョンで十分、娘もこんな金額は払えない。

ということで、我が家では
・v15とDesignSpark Mechanicalの組み合わせで面倒な部分があっても頑張る
・DesignSpark Mechanicalの使い方に精通してこれのみで作成する
のいずれかに。

さて、娘からは何を作ってくれというリクエストがあるのだろうか。
・・アタイの欲しい車は・・

ここで、DesignSpark MechanicalにSKPファイルを読み込ませた時個別のソリッドになっていたことを思い出した。
もしかして、TurboCAD v15で作図したときのモデルがサーフェスかソリッドかによって結果が違うのか?
試しにTurboCADでソリッドで四角形を作ってOBJを作成しDesignSpark Mechanicalに読み込ませてみた。
結果はエラー。

続いて、サーフェスで四角形を作って読み込ませてみた。
結果は読み込まれた。

どうやらTurboCADでソリッドで作ったOBJにDesignSpark MechanicalやCLIP STUDIOで読み込めないクセのある部分がありそうだ

娘からのリクエストにはTurboCAD v15でサーフェスのみで作図すればCLIP STUDIOで読み込める・・かも知れない。
複雑な図形を書いて試してみてはいないので未知数だが。

学習机
TurboCAD v15で作図した机。
漫画のトレースに使用するため足となるパイプ部分は少し太めにしてみた。
おおきなお世話?

ちなみに、サイズはgoogleで検索して出てきた実物の机のサイズ。
高さはいろいろあるようだが、670mmくらいにした・・別にどうでもよいことかも知れない。

学習机
両側面には荷物かけもつけてみた。
ちゃんと教科書を入れる場所も空間を開けといた。
ちょっと太めの足のゴムもつけた・・太すぎた・・

学習机

学習机

Nゲージレイアウト用制御盤 (その8)、Nゲージ電機用コントローラ (その9)の台

レイアウト用制御盤、電機用コントローラの台

Nゲージの固定レイアウトは2段重ねで計画中。

 

1段目は高架駅モジュール。
エンドレスの複線を引いてレイアウトの外周から眺める感じ。
2段目はそこから40センチくらい上に板を貼って普通にレイアウトを作りこむ。

 

当初、床から数センチのところに1段目が来るようにし、寝っ転がって眺めようと考えたが、問題はやはりホコリやゴミ。
レイアウトの下にはどうしても隙間ができるだろうからゴミもたまるだろうし。
そんなところに寝っ転がって目の前ゴミだらけじゃレイアウトを眺める気分にもなれまい。

 

ということで、2段目のベースが一般的な食卓テーブルなどの高さくらいになるようにしてみることにした。
テーブルの高さで比較的多いのは72センチくらいのようだ。
そこから約40cmから50cm下に1段目を配置すると床から30~20cmくらいの間隔があいて掃除もしやすそう。

 

ただ、レイアウト制作は未着手だが、コントローラ、制御盤など床に置く予定で作成中。
ひとまず、この台を作ることにした。
100均のメタルラック
素材はダイソーのメタルラック。

 

100均とはいえ、ポール1本が100円だったり、棚板も一番小さいのは100円だが、それより大きいものは300円だったり。

 

ホームセンターに置かれているようなその他のメーカー製のものよりトータルでは安くなるが、問題点もあり「断然安い」とまではいかない。

100均のメタルラック
一番の問題は強度。
30センチ×40センチの棚板に24インチのモニタを置いてみたところ、たわんでしまった。

 

モニタの重さはカタログ値で4.1kg。モニタスタンドは不明だが、モニタ本体よりはずっと軽く、合わせても10kg以下だと思う。
ラック棚は耐荷重10kgとなっているのだが・・

モニタスタンドの接地面積は小さいが、荷重が1点に集中しすぎというほどでもあるまいに。
ルミナスなどのメーカー品は全幅に渡ってついている棚板側面の山型というか波型の補強が中央部の1/3くらいの幅にしかついていない。
このあたりが100均の材料費の限界ということか。

 

棚板はたわんではいるが、壊れていないので荷重に耐えているということになるのか!?

100均のメタルラック・棚板
普通は横手方向に並行に並んでいるバーがメッシュ状にならんでいる「転び止め棚」というのがあった。
強度的にはこちらの方が強そう・・
ただし、素材の太さが同じならの話。
測ってないので分からないが、コストのことを考えるなら線は細くなっているとも考えられるが。

100均のメタルラック・キャスター
キャスターも2種類ある。
ベースが金属のものは1個で100円、樹脂のものは2個で100円。

 

作成中の制御盤は結構重いので金属製のキャスター、その他は樹脂のものにした。

100均のメタルラック・キャスター

 

ム、ム、ム・・・「転び止め棚」に落とし穴が・・・
別にダイソーが落とし穴作ってるわけじゃないが・・

100均のメタルラック・転び止め棚
スリーブが入る穴の部分はテーパーになっており、上下が決まっている模様。
つまり、棚板は上下逆さまには取り付けられない。

 

「転び止め棚」は側面の補強部分の下側にメッシュがくるように配置されている。
上の面にメッシュを持ってこようとしてもスリーブ穴が逆テーパーになりスリーブが入らない。

100均のメタルラック・転び止め棚

 

必然的にメッシュの面は下側になり、側面の補強部分は上側に伸びるようになる。

 

まあ、「棚」というより「バスケット」「籠」ですな。

 

ということで、この棚からはみ出すように物を置く場合、側面の高さまで何らかのスペーサーを置く必要ある。

制御用ラズベリーパイ
棚板は2枚。

下の段には17インチモニタ。
こちらはスタンドがあるので棚がバスケット状になっていても問題はない。

制御用ラズベリーパイ
このモニタの背面には全体を制御する予定のラズベリーパイが配置されている。
ちなみに、「こんな感じ」で背負っている。

キーボード置き場
下段の棚の前にはキーボードを置くためのワイヤーラックのパーツを取り付けた。

レイアウト用制御盤の台
上段に制御盤を置くとこんな感じになる。
こちらの棚板には別途スペーサーを挟んで制御盤が水平に設置できて落ちないようにする予定。

 

ラズベリーパイは床に座って操作する。

レイアウト用制御盤の台・裏面
制御盤はまだまだ工事中。

レイアウト用制御盤内部
工事中の制御盤は永らく作業を中断しているが、こちらにも問題が。
どの色の線がどこにつながっているかを示したメモがどこかに行ってしまった・・

どうしよう。
この線をもう一度見直さなきゃならん。

レイアウト用制御盤
椅子は子供の学習机のもののおあがり。
アタイのものになってもう何年たつことやら。

 

子供より、アタイが使っている期間の方が長くなった。

 

続いては機関車の運転台型のコントローラ。

電機用コントローラの台
2個のラックを作って、L型に配置すれば良さそう。
棚板も30センチ×15センチのダイソーで一番小さいやつ。1個100円也。

電機用コントローラの台
2個のラックの間にさらに30センチ×15センチの棚板を入れるとちょうど良さそう。
ただし、ポールを1本抜く必要がありそう。

電機用コントローラの台
1つのラックのポールを1本抜いてセットするとちょうどよい間隔となるが、別のポールを支点にして回ってしまう・・


ということで、ポールは1本抜くことはせず、棚板が入る部分を欠きとって組み立て、棚板を縛ることにした。

電機用コントローラの台
こんな感じで欠きとった部分に追加した棚板の側面が食い込む感じ。

電機用コントローラの台
ポールと棚板は結束バンドで固定。

電機用コントローラの台
こんな感じでできあがり。
2個のラックをつなぐ間の棚板は一段下がった位置についている。

電機用コントローラの台
最終的にはこちらもダイソーのMDF板(木質繊維を原料とする成型板)を敷いてラックへの固定とコントローラの固定をする予定。

電機用コントローラの台
コントローラを置くとこんな感じ。

電機用コントローラ
椅子に座ってちょうど操作しやすい高さとなった。

ポイント制御盤
ポイントマシンの制御盤もラックの上に置いてみた。
こちらも、肝心の制御部分はいつなにったら完成するのやら・・

レイアウト用制御盤、電機用コントローラの台

あまり、付属品ばかり作っていたらレイアウトを置く場所がなくなるかも・・
ただ、レイアウトを設置する場所も決めたので少しずつ進展している。

D51形機関車 (D51 860)(2017年)

2007年に一度見に行ったことのある広島県福山市・曙公園のD51
現在はどのようになっているのか、もう一度見に行ってみた。

D51形機関車 (D51 860)

ホームの屋根を支える柱、屋根上はかなり錆が出てきていた。
その後塗り替えは行われていないようだ。

 

屋根の下側は錆が少ない。屋根って重要ということですな。
その屋根下で保存されている機関車は他の保存車両と違ってベタベタと塗料が塗り重ねられておらず、状態は良さそう。

D51形機関車 (D51 860)

この機関車の特徴は製造が簡素化された戦時型。
ボイラー上部の蒸気溜のカバーが箱型になっていたり。

 

だが、屋根があるせいもあって、ボイラー上部は暗い。
今日は天気が良く、コントラストが強いので肉眼ではよく見えない。

また、機関車の右側にはホームが作られ、動輪の半分から下は見ることができない。
さらに、その外側には高さ2メートルくらいのフェンスが全周にわたってはりめぐらされている。

 

D51形機関車 (D51 860)

運転台に上る階段は用意されているが、フェンスは開いておらず、常時開放はされていないようだ。
望遠レンズで見ると内部はかなりきれいなのではなかろうか。

D51形機関車 (D51 860)

一方、機関車の左側は、機関車から2~3メートル位離れたところに木が植えられ、さらにその外側にフェンスが。
こちら側は東側。
天気が良ければお昼ごろには機関車の向こうから日が当たり、逆光になってよく見えない。

 

「簡単には見せないぞ」ということか!?

D51形機関車 (D51 860)

保存機関車をフェンスで覆っているのはよくあるが、2メートルくらいある高いフェンス、しかも機関車からかなりの距離がある。

D51形機関車 (D51 860)

前回はコンパクトなデジカメだったのでフェンスの網の目の間から案内板を撮影できたが、今回持参したのは一眼レフ。
レンズの径が大きすぎて網の目の中には入らない。
結局、写真撮りたいなら、ぐっと下がって・・フェンスの網がすけるくらいぐっと下がって。
近くじゃ、写真も撮らせないぞって感じか。

D51形機関車 (D51 860)

腕木式信号機

一緒に展示されている腕木式信号機も結構錆が出始めている。
ボチボチ塗り替え時期か。

腕木式信号機

でも、ローカル線では実際に運用されているときでもこのくらいの錆ならよくあったし。

D51形機関車 (D51 860)

 

昨日は、府中市のC56尾道市のD51を見てきた。
ともにちぃちゃい子供を連れたお母さんやおばあさんが来ていた。

 

一方、ここは工業地帯、工場群のなかにポツンとある公園。併設されている曙公園野球場は有料の施設らしい。
少し離れれば人家もあるようだが・・

 

特に機関車と触れ合うということを目的としているわけでもなさそうだし、鉄道の施設とも一切関係などもなさそう。
場所柄、夜間のいたずら防止も兼ねて高いフェンスなのだろうか?

 

一般公開されていない保存機関車もあるが、せっかく公開するのならもうちょっとフェンスを低くして機関車に近づけて設置し、機関車を見やすくするなどの配慮はできないのだろうか。
まあ、案内板には「福山蒸気機関車保存会」となってるところから見ても「保存」が主体らしい。
どうも、「市が借りて保存会が大切に保存するための施設で、見せるための施設じゃないから。でも、どうしても見たきゃ遠くからどうぞ。」という感じか・・

 

それとも、「貸与」されてるもんだから国鉄から返せと言われたら借りたときの状態で返さなきゃいけないから触らないで・・ということか?
フェンスの鍵をもってる「保存会」の私物みたい。

 

「保存会」じゃなくて、「展示委員会」だったら見やすく展示してくれただろうに!?

 

御殿場線・山北駅に保存されているD52形機関車 (D52 70)が保存状態が非常に良いのに触れることも可能な状態で展示され、案内板には「この場所に記念として置いて下さるとのことで安心しました。これからは皆様と一緒になつかしい思い出ばなしをいたしましょう。どうか皆様、お子様方も可愛がって下さい。」と書かれ、親しみやすくなっているのに比べ、このD51があまりに人を寄せつけまいとしているように感じたものだから・・つい、愚痴を。

 

広島県福山市曙町4丁目11 曙公園(曙公園野球場)
(2017年11月1日撮影)

C56形機関車(C56 106)

C56形機関車 (C56 106)

昭和12年8月製造、昭和48年11月廃車。
走行距離168万2000km。

C56形機関車 (C56 106)

前梁の空気ホースを吊るチェーンに何かがひっかけられていた。
ヘルメットのように見えるが、なんでこんなところにと思ったのだが・・

よく見るとヘッドライトらしい。
さびて穴が開き、落下したものと思われる。

空気ホースもなくなっているようだ。

C56形機関車 (C56 106)

運転台の両側にはステップが設置されており、自由にのぼることができる。

C56形機関車 (C56 106)

錆はひどいようであるが、ちゃんと塗装されているので遠目にみるとさほどひどい状態には見えない。

C56形機関車 (C56 106)

C56形機関車 (C56 106)

C56形機関車 (C56 106)

C56形機関車 (C56 106)
公園内はきれいに掃除されていた。

C56形機関車 (C56 106)
案内板もきれいに整備されている。

C56形機関車 (C56 106)
運転室内のバルブ類などは白色に塗られていた。
ブレーキ弁の一部はなくなり、シートも木製の板に取り換えられていた。

C56形機関車 (C56 106)

 

広島県府中市高木町
国府児童公園

 

(2017年10月31日撮影)

1 2 3 229
趣味の部屋 スマホ/タブレットサイト 趣味の部屋 PCサイト